ファッション

「ナイキ」がスケボー日本代表のウエアを制作 世界2位の堀米雄斗らが東京五輪で着用

 「ナイキ(NIKE)」は、スケートボード日本代表のユニホームを発表した。オランダ人アーティストのピエット・パラ(Piet Parra)がデザインを担当。日本の伝統的な野球のユニホームをベースに、富士山や鶴など日本を象徴するモチーフをターコイズ、マゼンダ、ピンクなどのカラーパレットで表現した。競技中に快適に着用できるよう、吸湿性のあるリサイクルジャージー素材を使用している。7〜8月開催の東京オリンピックをはじめ、国際大会で着用される。

 世界ランキング2位で東京五輪代表の堀米雄人選手は、「日本の要素が組み込まれていて、かっこいいデザインだと思います。着心地がよく、汗をかいてもすぐ乾く素材なので、すごく滑りやすい。この夏、世界のスケーターが集まる中で僕の滑りにも注目してほしいです」とコメント。同じく東京五輪に出場する白井空良選手は「リサイクル素材を使用しながら、機能性を備えているのがさすがだと思いました。このかっこいいユニホームを着て大会に出場できるのがとても楽しみです」と語った。

 日本のほか、アメリカとフランス、ブラジルのウエアも制作。アメリカはバスケ、フランスはテニス、ブラジルはサッカーをオマージュし、各国の地理をデザインに反映した。7月17日に一部スケートボード専門店で先行発売し、20日から「ナイキ」公式ECをはじめ各店舗で扱う。各1万2100円(税込)。

 ユニホーム発表に合わせて、「ナイキ」がデザインした新豊洲の運動場「トーキョー スポーツ プレイグラウンド(TOKYO SPORT PLAYGROUND)」でスケボーイベントを開催。ユニホームを着用した20人前後の一般参加者が、手すりや階段を使ってスキルを競い合った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら