ファッション

「ペギーラナ」がリブランディング後初の店舗をルミネ新宿2にオープン

 バロックジャパンリミテッドの「ペギーラナ(PEGGY LANA)」がリブランディング後初の店舗を、3月4日にルミネ新宿 ルミネ2の2階にオープンする。店舗面積は約57平方メートル。「ペギーラナ」は、2014年秋に同社のグループ関連会社、フレームジャパンからデビューしたが、昨秋にバロックに業務移管し、再スタートを切った。

 新生「ペギーラナ」のコンセプトは、独自のコンセプトワード「FeMODE(フェモード)」。上質な色気を感じるフェミニンとシルエットの美しいモードを掛け合わせるという意味を持つ。シンプルでクリーンな中に、甘くなりすぎない品のある女性らしさやシルエット、ディテールにこだわり、さりげなくモード感のあるテイストを盛り込んでいる。ターゲット層は30〜40代前半の女性で、セットアップアイテムやブラウス、パンツを主力に提案する。主な商品の価格帯は、コートが2万8000〜4万9000円、ジャケットが2万3000〜2万8000円、ブラウスが1万2000〜1万9000円、パンツが1万2000〜1万9000円、スカートが9800〜2万5000円、ニットが8800〜1万8000円、アクセサリーが4800〜1万7900円。今後、主要ファッションビルや駅ビル、百貨店を中心に出店を視野に入れる。

 オープンを記念し、新宿ルミネ2店では、限定のセットアイテムを販売する。さらに、3月5日からは同じくバロックジャパンが展開する「ブラックバイマウジー」アトレ恵比寿店で、「ペギーラナ」のアイテムを一部販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら