ビューティ

「ケイト」が“脱色級”眉マスカラ&焙煎コーヒーカラーの限定4色アイシャドウを発売

ケイト(KATE)」は7月20日、自眉の黒を和らげてふんわりとした自然な眉メイクをかなえる“脱色級”のアイブロウマスカラ“3DアイブロウカラーZ”(全6色、各935円※編集部調べ、以下同)や、定番の4色アイシャドウパレット“デザイニングブラウンアイズ”(各1320円)の限定焙煎コーヒーカラー2種などを発売する。

“3DアイブロウカラーZ”は柔らかなグレイッシュカラーが特徴で、自眉の黒を抑えるパールを配合している。高発色で、脱色したような眉メイクに仕上げる。カラーはブラウンやピンクベージュ、ダークグレージュなどの全6色だ。

“デザイニングブラウンアイズ”の限定2種は、コーヒーの焙煎度合い別に淡い“浅煎ブラウン”と、濃厚な“深煎りブラウン”を用意した。パレットに配置しているカラーニュアンスシェードを目尻に塗布すると、目幅を拡張し、大きな目元が完成する。

ほか、毛穴をカバーしながらトーンアップする化粧下地“スノースキンベース クールラベンダー”[SPF50・PA+++](全2色、各1540円)、単色アイシャドウ“ザ アイカラー”(各715円)の新2色、高発色&高密着のジェルアイライナー“ラスティングジェルアイライナーZ”(限定2色、1980円)、一部店舗およびウェブで取り扱うアイライナー“スーパーシャープライナーEX4.0”の超極細ラインが描けるショート筆タイプ(リフィル、1100円/専用ホルダー、330円)も販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。