ファッション

スタイリスト野口強の「スティーロ」が1969年公開のアメリカ映画「パトニー・スウォープ」とコラボ

 スタイリストの野口強が主宰する「スティーロ(STIE-LO)」は7月23日、アメリカ映画「パトニー・スウォープ」とコラボしたTシャツを発売する。公開当時、「刺激的過ぎる」と映画館で掲載拒否運動が起こったポスターの写真と、劇中に度々登場する“Things are changing(物事は変わりつつある)”のメッセージをプリントした2型で、ボディーには、同じく野口が手掛ける「マインデニム(MINEDENIM)」のオリジナルを用いる。価格は各1万1000円(税込)。

 「パトニー・スウォープ」は、ロバート・ダウニー・ジュニア(Robert Downey Jr.)の父、ロバート・ダウニー(Robert Downey)が監督を務めた1969年公開の作品。50年以上を経て日本で初公開される。

 舞台は、1960年代のニューヨーク。名門広告会社の創業者が突然亡くなり、会社で唯一の黒人役員であるパトニー・スウォープが予想外の結果で新社長に選出される。斬新だが悪趣味ともいえる過激な広告キャンペーンは次々とヒット商品を生み、会社は成功を収めるが、スウォープは国家安全保障への脅威であると、アメリカ大統領の陰謀に巻き込まれることに……という内容。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。