紙面紹介

休業明けから絶好調の「無印良品」特集 地域貢献で切り開く小売業の未来

 「WWDジャパン」11月9日号は、「無印良品」特集です。「無印良品」を手掛ける良品計画は近年、さまざまな課題を抱える地域社会に入りこみ、商売を通してそれらの課題を解決するようなビジネスのあり方を模索しています。コロナ禍を経て消費者の価値観が変わる中、“ESG経営”といった言葉にも通じるそうした企業姿勢は今後さらに影響力を持つと編集部では考え、「無印良品」を多面的に取材しました。裏表紙の人気連載「ファッションパトロール」では、映画が大ヒット中の「鬼滅の刃」にちなんだおしゃれな髪色アレンジを人気美容師が解説。こちらも見逃せません。

 ミニ特集では、サステナビリティの先駆者、ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)が10月に行ったカンファレンスの内容を詳報。これからのファッションビジネスをステラが語ります。また、ビューティ担当記者がファッション業界に対して抱いた素朴な疑問コーナーも掲載。「売れ残った服はどうなるの?」といった疑問に、ファッション担当記者が分かりやすく答えます。齊藤孝浩さんによる決算解説連載では、ファーストリテイリングの2020年8月期にフォーカス。これを読めば、同社の強さの理由が分かる!

PHOTO:SHUHEI SHINE

CONTENTS

FEATURE

  • 地域貢献で小売業を前へ 無印良品

EDITOR’S VIEW

  • 情報過多の時代における化粧品“リテラシー”

FOCUS

  • サステナビリティの“AtoZ”ガイドラインを発表 ステラ・マッカートニーが実直に語る
  • 質問!ビューティ記者 ファッション記者が気になる疑問に答えます

SERIES

  • 齊藤孝浩の「ファッション業界のミカタ」:Vol.19 6〜8月期に見たユニクロ国内事業の凄み
  • Beauty Insight:Vol.10 身近な場所で旬のカラーが手に入る「プチプラコスメ」は「ファストコスメ」へ
  • ミステリーショッパーが行く!:ニュウマン横浜
  • 新世代IGインフルエンサー名鑑:Vol.6 坂本上(@noborungram)
  • 菅付雅信「不易と流行のあいだ」:Vol.25 政治がファッションになる時(前編)

FASHION PATROL

  • 髪だけじゃなく“心”を動かせるものを作りたい 高木琢也「オーシャントーキョー」代表“カリスマシール”の裏側を語る

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら