ファッション

水槽で自然の生態系を再現した「水の森」 日本初のネイチャーアクアリウム展開催

 東京ドームは11月8日〜2018年1月14日の会期で、「天野尚 ネイチャーアクアリウム展(NATURE AQUARIUM展)」を東京ドームシティのギャラリー アーモ(Gallery AaMo)で開催する。天野尚とネイチャーアクアリウムをテーマにした大規模な展覧会は、日本で初めて。

 天野尚は、水槽に水草や石、流木、熱帯魚などを用いて自然の水中景観と生態系を再現する「ネイチャーアクアリウム」を提唱した水景クリエイター。

 欧州発祥の水草のレイアウトに日本のわびさびのおもむきを取り入れた作風は、写真集として発表されると7カ国語に翻訳され、世界で多くの関心を集めた。

 天野は水景クリエイターとして活躍するかたわら、生態風景写真家として世界三大雨林のアマゾンをはじめ、佐渡島や屋久島などの日本の原生林を訪れ、“手つかずの自然”をテーマに大判カメラを用いた撮影にも取り組んだ。

 同展では、天野尚が創業したアクアデザインアマノ(AQUA DESIGN AMANO)が今回のために新たに制作した特別水槽「巨大ネイチャー水草ウォール」を含む、作品11点を展示。また、同社が手がけた、ポルトガルのリスボン海洋水族館に収容されてある全長全長40mの世界最大の淡水ネイチャーアクアリウム「水の森」を映像で紹介。世界水草レイアウトコンテスト受賞者作品の写真を初展示する他、08年のG8北海道洞爺湖サミットに会場に飾られた佐渡原始杉の超特大パネルなど、天野尚が大判カメラで撮影した最大8mの生態風景写真や水景写真も展示する。

■天野尚 NATURE AQUARIUM展
日程:2017年11月8日〜2018年1月14日
時間:平日 12:00〜17:00 / 土日祝 10:00〜17:00
定休日:不定休
場所:Gallery AaMo
住所:東京都文京区後楽1丁目3番地61
入場料:一般1300円 / 大学生 / 高校生1100円 / 中学生以下800円

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。