ビジネス

なぜかKID FRESINOも協力 新所沢パルコ、今日で40年の歴史に幕

新所沢パルコが2月29日に閉店した。1983年6月にオープンした新所沢パルコは、パルコとして初の郊外店舗。そのため所沢でのインパクトは強く、この日、同店舗を訪れた50代の女性は「オープン当時のことは40年後の今もはっきり覚えている。都会から最先端の新しい文化の風が吹き込んできた、そんな感じだった」と振り返る。

山本仁也・新所沢パルコ店長は「普通ならありえないことだが、所沢出身のクリエイターの方から閉店イベントに出演オファーを出してくれたことすらあった」と明かす。所沢出身のラッパーで、2月23日に行ったキッド・フレシノ(KID FRESINO)の無料ライブも「先方からオファーがあった。ライブを実施するまでにも、驚くほどこちら側の事情を汲んでいただけた。通常だったらありえないと思う」。フレシノはミュージックビデオにも新所沢パルコを登場させている。

新所沢パルコの店舗面積は約3万9000㎡で、直近の2023年2月期の流通額は75億7000万円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。