ファッション

【一粒万倍日】「ルイ・ヴィトン」の開運日に向けた新作財布をプレイバック ※随時更新

 “一粒万倍日”は、幸運が何倍にもふくらむとされる縁起の良い1日だ。この日は新しいことをスタートするのに相応しい日で、財布を新調するのにも適していると言われている。このラッキーデーに向けて、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は日本限定や新作財布を発売しており、過去発売してきた商品は、「WWDJAPAN」読者からも大きな反響があった。この記事では、「ルイ・ヴィトン」による “一粒万倍日”に向けてこれまで発売してきた財布を新作含めまとめて振り返る。

24年1月1日
“ポルトフォイユ・メティス コンパクト”

1月1日に、日本限定の財布を発売した。“ポルトフォイユ・メティス コンパクト”(W11.5×H8.5×D4cm、15万700円)は、同ブランドのトランクに着想したゴールドカラーの留め具がポイント。内装にはファスナー式のコインポケット、2つのフラットポケット、6つのカードスロットを備えた。

詳しくはこちら▼
【一粒万倍日】まだ間に合う! 「ルイ・ヴィトン」が1月1日発売の日本限定財布のオーダーを受付中


23年11月23日
“ポルトフォイユ・クレア”
“ジッピー・ウォレット”

「ルイ・ヴィトン」は、ゴールドカラーのスタッズで“LV イニシャル”を表現した新作ウオレットを発売した。日本限定の“ポルトフォイユ・クレア”(W11×H8.5×D3.5cm、14万8500円)はコンパクトながら、ファスナー付きコインポケットと6つのカードスロットを備える機能派。ラウンドファスナー式の“ジッピー・ウォレット”(W19.5×H10.5×D2.5cm、16万8300円)は、3つのマチ付きコンパートメントと紙幣用コンパートメント、ファスナー開閉式のコインポケットを持つ。

詳しくはこちら▼
【一粒万倍日】「ルイ・ヴィトン」から日本限定財布 ゴールド色スタッズが黒革に映える


23年11月11、12日
“カプシーヌ”

同ブランドのアイコンバッグ“カプシーヌ”をモチーフにしたもので、フラップ開閉式のデザインや“LV イニシャル”の留め具が特徴だ。素材は、柔らかでシボ感のある“トリヨンレザー”。価格は、マチ付きで大ぶりな2つのコンパートメントを持つ“ポルトフォイユ・カプシーヌ”が21万7800円、ファスナー付きコインポケットと8つのカードスロットを備えた“ポルトフォイユ・カプシーヌ コンパクト”が18万1500円。

詳しくはこちら▼
【一粒万倍日】「ルイ・ヴィトン」から日本限定の財布 バッグ“カプシーヌ”がモチーフ


23年11月11、12日
“ジッピー・ウォレット”

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、新作財布“ジッピー・ウォレット”を発売した。柔らかなカーフレザーに、パーフォレーション(穴飾り)でLV イニシャルとモノグラム・フラワー モチーフを表現したもので、パステル調のカラーグラデーションも小粋だ。サイズはW19.5×H10.5×D2.5cmで、価格は20万2400円。機能面では、ゆったりめの3つのコンパートメント、ファスナー付きコインポケット、12のカードスロットを備える。

詳しくはこちら▼
【一粒万倍日】「ルイ・ヴィトン」の新作ウオレット 日本限定キーケースと一緒にいかが?


23年11月11、12日
“ジッピーウォレット・ヴェルティカル”

11月11、12日の一粒万倍日に向けて、ダミエ・パターンの新作財布“ジッピーウォレット・ヴェルティカル”を発売した。サイズはW10×H20×D2cmで、価格は16万1700円。印象的なブルーは、「月が照らす夜空の美しさを表現したもの」だという。

詳しくはこちら▼
【一粒万倍日】「ルイ・ヴィトン」からダミエ・パターンの新作財布 ブルーが印象的


23年8月10日
“LV ヴェルティカル CPウォレット”
“LV ヴェルティカル ウォレット”

8月10日の一粒万倍日に向けて、新作財布を発売した。用意したのは、“LV ヴェルティカル CPウォレット”(12万6500円)と“LV ヴェルティカル ウォレット”(16万2800円)の2型で、素材は共にシボ感が特徴の“トリヨンレザー”。ピンクやライトグリーンのパステル色が目を引く。“LV イニシャル”の留め具はスライド式で、アイコンバッグの“カプシーヌ”をイメージしたものだ。

詳しくはこちら▼
【一粒万倍日】「ルイ・ヴィトン」から新作財布 “最強開運日”を逃した人に朗報!


23年8月4日
“ポルトモネ・ロザリ”
“ジッピー・ウォレット”など

「ルイ・ヴィトン」は、一粒万倍日と天赦日、大安が重なる8月4日のラッキーデーに向けて、モノグラムモチーフや刺しゅうをあしらった色鮮やかな財布を発売した。

“ポルトモネ・ロザリ”(6万6000円)は、内側にフラットポケットとコインポケット、カードスロットを備え、パーフォレーション刺しゅうの“ジッピー・ウォレット”(18万1500円)は、複数のポケットとコンパートメント、カードスロットを搭載。また、同デザインのコンパクトタイプ“ポルトフォイユ・クレア”(12万4300円)を用意する。他、色鮮やかなレザーを使用したモノグラムキャンバス仕立ての “ポルトフォイユ・リサ”(7万2600円)、LVイニシャルのスナップボタンをあしらった“ポルトフォイユ・ロックミニ”(8万4700円)をラインアップする。

詳しくはこちら▼
【一粒万倍日】「ルイ・ヴィトン」が色鮮やかな財布を発売 モノグラムや刺しゅうなど


23年8月4日
“ジッピーウォレット・ヴェルティカル”
“ポルトフォイユ・ミュルティプル”
“ポルトフォイユ・ブラザ NM"

エンボス加工でトリヨンレザーにモノグラム・パターンを取り入れた“ジッピーウォレット・ヴェルティカル”(16万5000円)は、複数のカードスロット、コンパートメント、ファスナー付きのコインケースを備える。同レザーの“ポルトフォイユ・ミュルティプル”(10万5600円)は、3つのカードスロット、複数の内ポケット、コンパートメントを備える。

そのほか、柔らかいカーフレザーを使用した”ジッピーウォレット・ヴェルティカル”(14万5200円)や、 モノグラム・マカサーキャンバスに鮮やかなサフランオレンジのレザーをあしらった“ポルトフォイユ・ブラザ NM”(10万7800円)、同デザインのコンパクトタイプ“ポルトフォイユ・ミュルティプル”(7万4800円)などを用意する。

詳しくはこちら▼
【一粒万倍日】「ルイ・ヴィトン」がラッキーデーに向けて実用的なメンズ財布を発売 ギフト需要にも


23年6月2、3、16、17、28、29日
“ジッピー・ウォレット”
“ポルトフォイユ・クレア”
“ナノ・ノエ”

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、刺しゅうが特徴の“LV ブロデリー・アングレーズ”コレクションから新作の財布を発売した。
“ジッピー・ウォレット”(17万9300円)はファスナーの内側に複数のポケットとコンパートメント、カードスロットを備え、“ポルトフォイユ・クレア”(13万2000円)も「小ぶりながら十分な収納スペースを持つ」。いずれも素材は牛革だ。
また、「ルイ・ヴィトン」は同コレクションからバッグも発売した。ドローストリング開閉式の“ノエ”のミニチュア版“ナノ・ノエ”(27万6100円)で、モノグラム・パターンをパーフォレーション(穴飾り)で表現する。ハンドルは取り外しが、ショルダーストラップは取り外しと長さ調節が可能だ。

詳しくはこちら▼
【一粒万倍日】6月は2、3日から 「ルイ・ヴィトン」が刺しゅうが特徴の財布を発売


23年3月21日
“ジッピー・ウォレット”
“ポルトフォイユ・ルー”

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は23年3月21日の一粒万倍日、天赦日、寅の日が重なるラッキーデーに向けて、新作の財布を発売した。特に、パフ感のあるラムレザーにエンボス加工とプリントでモノグラム・パターンを表現した“ジッピー・ウォレット”(17万2700円税込、以下同)と“ポルトフォイユ・ルー”(13万3100円)は日本先行販売で、ほかにも新色のオレンジやライトブルーのエピ・レザー製モデル、“ダミエ・アズール キャンバス”にマリンイメージのロープとチェーンをプリントしたモデルをラインアップする。

詳しくはこちら▼
【一粒万倍日】最強開運日まで1週間! 「ルイ・ヴィトン」から日本先行販売の春モードの財布


23年3月21日
“ポルトフォイユ・ブラザ NM”と“ディスカバリー・コンパクト ウォレット”

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は23年3月21日の一粒万倍日、天赦日、寅の日が重なるラッキーデーに向けて、新作ウオレットを発売した。長財布“ポルトフォイユ・ブラザ NM”(10万3400円税込、以下同)はトーン・オン・トーンのモノグラムパターンが特徴で、“ディスカバリー・コンパクト ウォレット”(7万4800円)は「コンパクトながら、マチによりコインや小物を出し入れしやすい」。“コインカード・ホルダー”(7万8100円)はシボのあるグレインレザー製で、外側の4つのカードスロットに加えてファスナー式コンパートメントを備える。

詳しくはこちら▼
「ルイ・ヴィトン」が11月16、17日の一粒万倍日に向けて日本限定カラーの新作財布を発売


22年12月12、13日
“ジッピー・ウォレット”

 22年12月12、13日の一粒万倍日に際しては、メタリックな仕上げを施した長財布の“ジッピー・ウォレット”(幅19.5×高さ10.5×マチ2.5cm、16万3900円)と日本限定カラーのアイスブルーを販売した。素材はしなやかさが特徴の“マヒナ・レザー”で、そこにパーフォレーション(穴飾り)でモノグラム・パターンを表現する。紙幣はもちろん、コインやカードも収納できる実用的な内装も備える。

詳しくはこちら▼
「ルイ・ヴィトン」が12月12、13日の一粒万倍日に向けて日本限定カラーを含む新作財布を発売


22年11月16、17日
“ジッピー・ウォレット”
“ポルトフォイユ・クレア”

 22年11月16、17日の一粒万倍日に向けては、日本限定カラーの新作財布を発売した。柔らかなラムレザーを用いた長財布の“ジッピー・ウォレット”(16万3900円)はローズゴールドとブルーグラシエールを、モノグラム・パターンをパーフォレーション(穴飾り)で表現したコンパクト財布の“ポルトフォイユ・クレア”(12万1000円)はアイスブルー系のカラーを日本限定色として展開する。

詳しくはこちら▼
「ルイ・ヴィトン」が11月16、17日の一粒万倍日に向けて日本限定カラーの新作財布を発売


22年7月28日
ポルトフォイユ・スレンダー”
“ポルトフォイユ・ブラザ”
“ポシェット・クレ”

 22年7月28日の一粒万倍日には、メンズの財布を用意した。ラインアップしたのは、モノグラム・モチーフをあえてぼかしたパターンとゆがませたアウトラインが特徴の二つ折り財布“ポルトフォイユ・スレンダー”(7万7000円)と長財布“ポルトフォイユ・ブラザ”(9万9000円)だ。また、モノグラム・モチーフをエンボス加工してブルーで染め上げ、花型の装飾をあしらったコインケース(9万3500円)も用意した。

詳しくはこちら▼
「ルイ・ヴィトン」から一粒万倍日に向けたメンズの新作財布 ぼかし&ゆがみが特徴


22年6月10日
“ジッピー・ウォレット”

 22年6月10日の一粒万倍日には、新作の長財布“ジッピー・ウォレット”(各15万9500円)をラインアップした。エンボス加工したモノグラム・パターンやクッションのような柔らかさが特徴で、鮮やかなターコイズとブラック、ベージュの3色を展開した。

詳しくはこちら▼
「ルイ・ヴィトン」が一粒万倍日に財布を発売 クッションを思わせるロングウオレット


最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。