ファッション

千原徹也がフリーペーパー創刊 “東京が好き!”に共感した秋元梢や野性爆弾くっきーら50人以上が登場

 千原徹也れもんらいふアートディレクターと秋山真哉マーチャンダイズプロデューサーが発起人のプロジェクト「キストーキョー(KISS,TOKYO)」が、フリーペーパー「キストーキョー ペーパー(KISS,TOKYO PAPER)」を創刊する。

 "東京が好き!”というコンセプトのもと、ファッションスナップと共に東京へのメッセージを発信する。秋元梢、野性爆弾くっきー、 MEGUMI、奈良裕也、遠山正道、花澤香菜をはじめとするアーティスト、ミュージシャン、モデル、タレント、俳優、お笑い芸人、クリエイター、経営者など50人以上が登場。撮影チームには、クリエイティブ・ディレクター千原徹也を中心に、フォトグラファーの新田桂一、ヘアメイクの冨沢ノボル、スタイリストの石谷衣が参加した。

 同誌は4月中旬頃から「フランフラン(FRANCFRANC)」や都内ファッションビルでの配布を予定する。

 「キストーキョー」は、東京を愛する人たちの思いのムーブメントを生み出すことを掲げて2017年にスタートしたプロジェクト。“東京が好き!”という気持ちやアクションを、キスマークのアイコンに置き換えて千原徹也がデザインした。18年11月には、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたデザインやアートの渋谷区の施策「シブヤ・アロープロジェクト」に参加し、渋谷神南地区8カ所でパブリックアートを設置した。今後も「キストーキョー ペーパー」の制作ほか、さまざまな取り組みを予定する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら