ファッション

千原徹也がフリーペーパー創刊 “東京が好き!”に共感した秋元梢や野性爆弾くっきーら50人以上が登場

 千原徹也れもんらいふアートディレクターと秋山真哉マーチャンダイズプロデューサーが発起人のプロジェクト「キストーキョー(KISS,TOKYO)」が、フリーペーパー「キストーキョー ペーパー(KISS,TOKYO PAPER)」を創刊する。

 "東京が好き!”というコンセプトのもと、ファッションスナップと共に東京へのメッセージを発信する。秋元梢、野性爆弾くっきー、 MEGUMI、奈良裕也、遠山正道、花澤香菜をはじめとするアーティスト、ミュージシャン、モデル、タレント、俳優、お笑い芸人、クリエイター、経営者など50人以上が登場。撮影チームには、クリエイティブ・ディレクター千原徹也を中心に、フォトグラファーの新田桂一、ヘアメイクの冨沢ノボル、スタイリストの石谷衣が参加した。

 同誌は4月中旬頃から「フランフラン(FRANCFRANC)」や都内ファッションビルでの配布を予定する。

 「キストーキョー」は、東京を愛する人たちの思いのムーブメントを生み出すことを掲げて2017年にスタートしたプロジェクト。“東京が好き!”という気持ちやアクションを、キスマークのアイコンに置き換えて千原徹也がデザインした。18年11月には、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたデザインやアートの渋谷区の施策「シブヤ・アロープロジェクト」に参加し、渋谷神南地区8カ所でパブリックアートを設置した。今後も「キストーキョー ペーパー」の制作ほか、さまざまな取り組みを予定する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。