フォーカス

17年春夏メンズ最大のトピックスは、何だ!?

皆さん、こんにちは。今、ロンドンにいます。

 というのも、始まりました2017年春夏シーズン!ウィメンズに先駆けてメンズは、ロンドンから、フィレンツェ、ミラノ、パリ、そしてニューヨークと続き、7月中旬にはその大半がコレクションを発表します。ということで今シーズンも、すっかり恒例になった21泊23日のヨーロッパ4都市出張をスタート。一週間ほど帰国し、そのあとはニューヨークに向かいます。ちなみに、今回の荷物は46キロ!春夏なので、まぁ、こんなモノでしょう(笑)。

 というワケでこれから4週間ほど、みなさんにはこの【メンズコレ連載】にお付き合いいただければ、と思います。日々更新するコラムの最後には、今回もまた、独断と偏見で決めるコレクション・ランキングのオマケ付きです。ちなみに、このウェブサイトでは、さまざまなブランドのルックやレポートを公開しています。そちらもお楽しみに!

 さて、2017年春夏メンズにおける、一番のニュースは何でしょう?初回の連載は、そんなお話しからスタートします。ブランドでしょうか?トレンドでしょうか?それとも、昨年あたりから話題の“すぐ買えるコレクション”?

 いえいえ、2017年春夏メンズ最大のトピックスは、「メンズコレは、このままメンズコレとして続くのか!?」です。

 意味の分からない人も大勢いるでしょう。ということで、少し解説してみたいと思います。

 2017年春夏メンズは、これまで当たり前のように参加していたメゾンの“離脱”が相次ぎ、残念ながら、その規模は若干小さくなりました。たとえば、ロンドンでは「バーバリー プローサム」や「トム フォード」が“すぐ買えるコレクション”発表のためランウエイショーの開催意義と日程を変更。6月のメンズコレから距離を置きました。そしてミラノでは昨秋デザイナーを変更した「エルメネジルド ゼニア」や「ブリオーニ」などが、今回は参加を見送り。さらには「ボッテガ・ヴェネタ」や「アントニオ マラス」など、今回は9月にウィメンズと一緒にメンズを発表するブランドも増えそうです。そしてパリを含む各都市では、ランウエイショーやプレゼンテーションの規模を縮小したり、残念ながら今回は不参加を決めたりのブランドも増えています。その背景には、もちろん景気の低迷があることでしょう。

次ページ:コンパクト化されたロンドン・メンズ・コレクション