フォーカス

ヘアサロン「ガーデン」が推進する“若手に任せる環境作り”


 2006年8月4日にオープンしたヘアサロン「ガーデン(GARDEN)」は設立10周年を迎えるにあたり、一号店でシンボリック的な存在であった「ガーデンハラジュク(GARDEN harajuku)」を移転し、表参道に「ガーデン オモテサンドウ(GARDEN omotesando)」を、原宿に別ブランドとなる「レイリー バイ ガーデン(LAiLY by GARDEN)」を4月28日に、2店舗同時にオープンさせた。

 現在「ガーデン」グループは10店舗を展開。「ガーデン」ブランドの他、「アンアミ(Un ami)」「グロウ(Grow)」「ラミエ(Ramie)」「ニュートラル(NEUTRAL)」「レイリー(LAiLY)」と多ブランド化をすすめている。背景にはお客のニーズに応えるのが一つのブランドだけだと難しくなってきていること、加えてスタッフに代表として店を任せることで独立しなくてもいい将来像を見せることができることが挙げられる。



 「『ガーデン』を軸にそこで育ったスタッフにどんどん店を任していくことはスタート時から考えていて、10年たってそれが少しずつだが実現できている。今回新たに出店する2店舗の代表を務めるのは30代前半の若手スタッフ。このように早い段階で店を任せていける仕組みができあがってきた。今後はそのスピードをもっと加速させていこうと考えている。そのためにも大きなサロンを作るより、機動力のある小さなサロンでの出店を増やし、なるべく次の展開に早く取り掛かれるようにしていく」と「ガーデン」の須崎勝己・代表は語る。

次ページ:銀座の『ガーデン トウキョウ』旗艦店との関係性▶