ファッション

パリ2016年春夏コレクション 絶賛されたブランドは?

 「迫力に欠けるシーズン」という声も聞かれたなかで、ファッション・ウイーク最終日に「バレンシアガ(BALENCIAGA)」の新アーティスティック・ディレクターにデムナ・ヴァザリアの就任が発表された。ヘッドデザイナーのヴァザリアが率いる創設からわずか2年の新進ブランドの「ヴェトモン(VETEMENTS)」が、パリの話題として注目を集めた。ユーモアを加えながら全体を再構築するスタイルが特徴で、新しい実用主義をプレタポルテに提案した同ブランドを、多くのバイヤーたちが評価した。トレンドは、透け感のあるブドワールイメージのランジェリーアイテム。スポーティーなアイテムやテーラードジャケットといった相反するものに合わせる提案に注目が集まる。

プランタン

 「サンローラン(SAINT LAURENT)」を手掛けるエディ・スリマンは、バラエティーに富んだアウター使いが好印象で、ワードローブにプラスオンするアイテムをそろえたショーだった。多くのコレクションで、即着られるものが増え、コンセプチュアルなものが減っていた。当社はラグジュアリー分野の業績が好調なので、その予算を大幅に上げた。同分野の購買層を、積極的に開拓してゆく。

[rel][item title="【ルック】「サンローラン」2016年春夏パリ・コレクション" href= http://www.wwdjapan.com/collection/look/saint-laurent/2016-ss-paris-collection/" img="http://www.wwdjapan.com/collection/wp-content/uploads/sites/3/2015/10/SAINT-LAURENTT.png"][/rel]

セルフリッジ

 今季は、着やすさとコンセプトのバランスに魅力を感じた。今あるべきファッションについての発展的な考え方や、人々の交流の仕方がどのように変わってきたかを反映させた作品が興味深い。ヴァザリアによる「ヴェトモン」は、今季どのブランドも提案しなかった着やすさとオルタナティブなアイテムをブレンドした作品で話題を呼んだ。当社も注目している。

[rel][item title="【ルック】「ヴェトモン」2016年春夏パリ・コレクション" href=http://www.wwdjapan.com/collection/look/vetements/2016-ss-paris-collection/
" img="http://www.wwdjapan.com/collection/wp-content/uploads/sites/3/2015/10/vetements.png"][/rel]

マッチズ・ファッション・ドットコム

 当社のイチオシともいえる「ヴェトモン」は、2015年秋冬物の売れ行きが絶好調で、今季のエネルギッシュなショーも大注目だった。その他のランウエイで見応えがあったのは、「ヴァレンティノ(VALENTINO)」「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」「クロエ(CHLOE)」「セリーヌ(CELINE)」「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」。際立ったトレンドは、ランジェリーとレース、フォークロアの影響、滑らかなパンツ、テーラードジャケット、そして裏地のデザインディテール。

[rel][item title="【ルック】「ドリス ヴァン ノッテン」2016年春夏パリ・コレクション" href=http://www.wwdjapan.com/collection/look/dries-van-noten/2016-ss-paris-collection/" img="http://www.wwdjapan.com/collection/wp-content/uploads/sites/3/2015/10/driesvannoten.png"][/rel]

ハーヴェイ・ニコルズ

 ショーを裏で支えるブランドの力が、一連のコレクションを際立たせていた。コレクションのストーリーを物語る演出をキャットウオークに取り入れるなど、ショー自体にも工夫が見られた。特筆すべきは、「ヴァレンティノ」。そのショーは鳥肌が立つほどに素晴らしく、皆、拍手喝采を送っていた。

[rel][item title="【ルック】「ヴァレンティノ」2016年春夏パリ・コレクション" href=http://www.wwdjapan.com/collection/look/valentino/2016-ss-paris-collection/" img="http://www.wwdjapan.com/collection/wp-content/uploads/sites/3/2015/10/VALENTINO.png"][/rel]

バーグドルフ・グッドマン

 素晴らしいハイブリッドなコレクションを見せた「サカイ(SACAI)」「セリーヌ(CELINE)」「ハイダー アッカーマン(HAIDER ACKERMANN)」「ドリス ヴァン ノッテン」のように、既存のルールを破り、メッセージ性のある着こなしで、思いがけない表現を展開するコレクションに魅力を感じた。ブドワールのトレンドについては常々、ランウエイから上手に実用的なアイテムとして取り入れることが難しいため、慎重に検討するつもりだが、一見相いれないスポーツの要素や、メンズライクなテーラードアイテムとの組み合わせがベスト。

[rel][item title="【ルック】「セリーヌ」2016年春夏パリ・コレクション" href=http://www.wwdjapan.com/collection/look/celine/2016-ss-paris-collection/" img="http://www.wwdjapan.com/collection/wp-content/uploads/sites/3/2015/10/CELINE.png"][/rel]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら