ファッション

「ムルーア」と「エモダ」のショーに見る秋冬リアルトレンド

 マークスタイラーによる「ムルーア(MURUA)」と「エモダ(EMODA)」のファッションショー「ME」が、9月1日に行われ、今秋冬シーズンの新スタイルが提案された。

 「ムルーア」のシーズンコンセプトは、“モダニティー・リフォーマット”。赤みのある茶色やオレンジをベースに、攻めのヒョウ柄やパイソン柄に、エレガントな花柄、クラシックなチェック柄をミックスしたスタイリングが新鮮だ。さらに今シーズンらしい、ボアやファー、ダウン、ベルベットといった素材も自由に交ぜてスタイリングしている。ちょっぴりフォークロアな大人っぽさも醸し出しているが、フィット&フレアやホットパンツ、サイハイブーツといった1980〜90年代を思い起こすアイテムも取り入れた。どこか強気でおてんばなムードが「ムルーア」らしい秋冬を後押しする。

 「エモダ」のシーズンコンセプトは、“ワンダーウーマン”。2020年東京の強く華やかに躍動する女性にスポットを当て、エネルギーに満ち溢れた1980年代のエッセンスのあるウエアを提案する。ファーストルックで福士リナが着用したのは、開襟シャツに合わせたビッグラペルのボックスジャケットのパンツスーツ。その後もマニッシュな印象ながらも、ベルトのウエストマークや花柄、ミニスカート、ボディーコンシャスなシルエットで女性らしさを強調する。オーバーサイズのMA-1やパフスリーブのニットトップスなど、リアルに合わせやすいアイテムも多数登場。鮮やかなブルーやピンク、マスタードイエローの差し色もポイントになった。

 注目は、ベルベッドやファーなどの表情豊かな秋冬素材。アクセサリーのポイントに取り入れるより、トップスやボトムスに合わせて楽しむのが今シーズンの気分。気になるシューズは、サイハイブーツ。トップスやアウターは、ショルダーからボリュームを持たせ、足元はタイトに。足に吸い付くほどスリムなサイハイブーツで、旬なシルエットを完成する。サイハイブーツなんて久しぶりすぎて、ちょっとハードルが高い気もするが、90年代トレンドアイテムが現代のストリートにカムバックするか?

 今回発表されたアイテムは、自社ECサイト「ランウェイチャンネル(RUNWAY CHANNEL)」で販売中、または予約販売中だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら