フォーカス

「サカイ」はなぜ100億円ブランドになれたのか

 WWDジャパン6月29日号では「サカイ(SACAI)」を6年ぶりに特集した。2009年8月24日号で特集した当時は、ブランド設立11年目で、阿部千登勢が「モンクレール エス(MONCLER S)」のデザイナーに抜擢された頃だった。09年当時(5月決算)の小売価格換算での売り上げは国内が6億円、海外が7億円の計13億円。旗艦店を持たず、ファッションショーも行っていない、他とは違う「デザイナーズ・ビジネスのニュースタンダードを模索する」注目ブランドとして紹介した。

 あれから6年。「サカイ」を取り巻く環境は大きく変わった。11年3月、パリコレで初めてランウエイショーを行い、同年9月には青山に旗艦店をオープンした。昨年、ロンドンのセルフリッジやパリのボン・マルシェにコーナーを構え、ソウルの新世界百貨店にショップ・イン・ショップをオープンするなど、海外進出を一気に本格化した。今年に入って、香港と北京に路面店を開いたのに続き、ニューヨークのバーグドルフ・グッドマンのコーナー展開やソウルに路面店のオープンも控えている。3月に発売されたナイキラボとのコラボ「ナイキラボ×サカイ」は大きな話題を呼び、4月には、ブランド初の書籍を米リッツォーリ社から出版、ホワイトハウスの公式晩さん会に招待された。

 17年間、ビジネスは伸び続け、現在34ヵ国に160アカウント、250店舗以上の卸先を持つ。特に海外での売上高は、この数シーズン続けて前季比120〜130%の成長を達成した。14年5月期決算では、ついに小売り価格での売上高は100億円を超えた。5年間で売り上げは実に8倍になったことになる。一口に100億円ブランドというが、これは今人気絶調の「セリーヌ(CELINE)」の日本での年商(小売り価格・弊社推定)に匹敵するものだし、日本を代表するデザイナーズ企業の年商が100億円から200億円とみられることを考えると、快挙と言っていいだろう。

[rel][item title="【ルック】「サカイ」2015-16年秋冬パリ・コレクション" href="http://www.wwdjapan.com/collection/look/sacai/2015-16-fw-paris-collection/" img="http://www.wwdjapan.com/collection/wp-content/uploads/sites/3/2015/03/SACAI-2015-16-FW-PARIS-COLLECTION-SNS.jpg"][/rel] [rel][item title="【ルック】「サカイ」2016年春夏パリ・メンズ・コレクション" href="http://www.wwdjapan.com/collection/look/sacai/2016-ss-paris-mens-collection/" img="https://www.wwdjapan.com/collection/wp-content/uploads/sites/3/2015/06/sacai.png"][/rel]

次ページ:「サカイ」成長の陰にはチーム力 ▶