ファッション

森永製菓がパッションフルーツを使用した美容成分を新開発

 森永製菓は4月27日、抗酸化作用などが高い独自開発したパッションフルーツの種子エキス「パセノール(PASSIENOL)」を配合したゼリーやタブレットなどを「プラザ(PLAZA)」で発売する。これまで通販でのみ扱ってきたが、今回初めて一般に向けた商品を扱う。

 「パセノール」はパッションフルーツに含まれる有効成分のピセアタンノールを高濃度に凝縮したエイジングケア素材。ピセアタンノールはポリフェノールの一種で、抗酸化作用とコラーゲンの生成力を持つ。ぶどうに含まれるレスベラトロールの7000倍の抗酸化作用、2倍の浸透力を誇る。シミ・シワ、血流、糖質・脂質代謝、運動機能を改善する他、神経の保護や体内時計の調節を行う。

 10年前から「パセノール」の開発に関わってきた松井悠子・森永製菓新領域創造事業部チーフマネージャーは「幼いころをオーストラリアで過ごし、パッションフルーツをよく食べていた。南国でよく食べられているパッションフルーツは、紫外線が強い環境でも育つため、何かしら抗酸化作用があると思った。そこから開発を始めるうちに美容効果が高いことを発見し、約10年かけて商品化に至った」。今回、ゼリー(300円)とタブレット(320円)、水や炭酸水で割って飲むコーディアル(1800円)を発売するが、「ご飯代わりにもなるゼリーとどこでも手軽に摂取できるタブレットを開発した。さらに、いろいろな使い方ができる商品も作りたくて、水で割ってドリンクにしたり、ヨーグルトやサラダにかけたりしても美味しいコーディアルを手掛けた」。味にもこだわり、「機能性食品はマズイ、というイメージを払拭したかったため、パッションフルーツの甘酸っぱさを最大限に表現した」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら