ファッション

森永製菓がパッションフルーツを使用した美容成分を新開発

 森永製菓は4月27日、抗酸化作用などが高い独自開発したパッションフルーツの種子エキス「パセノール(PASSIENOL)」を配合したゼリーやタブレットなどを「プラザ(PLAZA)」で発売する。これまで通販でのみ扱ってきたが、今回初めて一般に向けた商品を扱う。

 「パセノール」はパッションフルーツに含まれる有効成分のピセアタンノールを高濃度に凝縮したエイジングケア素材。ピセアタンノールはポリフェノールの一種で、抗酸化作用とコラーゲンの生成力を持つ。ぶどうに含まれるレスベラトロールの7000倍の抗酸化作用、2倍の浸透力を誇る。シミ・シワ、血流、糖質・脂質代謝、運動機能を改善する他、神経の保護や体内時計の調節を行う。

 10年前から「パセノール」の開発に関わってきた松井悠子・森永製菓新領域創造事業部チーフマネージャーは「幼いころをオーストラリアで過ごし、パッションフルーツをよく食べていた。南国でよく食べられているパッションフルーツは、紫外線が強い環境でも育つため、何かしら抗酸化作用があると思った。そこから開発を始めるうちに美容効果が高いことを発見し、約10年かけて商品化に至った」。今回、ゼリー(300円)とタブレット(320円)、水や炭酸水で割って飲むコーディアル(1800円)を発売するが、「ご飯代わりにもなるゼリーとどこでも手軽に摂取できるタブレットを開発した。さらに、いろいろな使い方ができる商品も作りたくて、水で割ってドリンクにしたり、ヨーグルトやサラダにかけたりしても美味しいコーディアルを手掛けた」。味にもこだわり、「機能性食品はマズイ、というイメージを払拭したかったため、パッションフルーツの甘酸っぱさを最大限に表現した」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。