ファッション

「マッキントッシュ」がキコ・コスタディノフと新ラインをローンチ

 「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」はロンドンを拠点にする若手デザイナーのキコ・コスタディノフ(Kiko Kostadinov)と共に新ライン“マッキントッシュ 0001(マッキントッシュ ゼロゼロゼロワン)”をローンチする。2017年1月に開催するパリ・メンズ・ファッション・ウイークでデビューコレクションの展示会を行う。日本での取り扱いなどは未定。

 コスタディノフはブランドのヘリテージを探求しつつ、そこにコンテンポラリーなタッチを加える。また、レインコートだけでなく、商品カテゴリーの幅を広げる。「『マッキントッシュ』の品質をよりモダンなファッションの世界に押し上げたい。コレクション自体が独自の声や存在感を持った、ユニセックスなワードローブにするつもりだ」とコスタディノフ。アンドレア・オーストーニ(Andrea Austoni)=マッキントッシュ グローバル コマーシャル ディレクターは「われわれはまず、革新的なカッティングや複雑な構造で作られるコスタディノフの洋服に引かれた。彼のアプローチは『マッキントッシュ』をコンテンポラリーで新しい方向に導くだろう」とコメント。

 コスタディノフは16年にセントマーチン美術大学を卒業し、自身のブランドをスタートした。在学中に「ステューシー(STUSSY)」とコラボコレクションを手掛け、ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)などで取り扱われていた注目の若手デザイナーだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。