ファッション

「マッキントッシュ」がキコ・コスタディノフと新ラインをローンチ

 「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」はロンドンを拠点にする若手デザイナーのキコ・コスタディノフ(Kiko Kostadinov)と共に新ライン“マッキントッシュ 0001(マッキントッシュ ゼロゼロゼロワン)”をローンチする。2017年1月に開催するパリ・メンズ・ファッション・ウイークでデビューコレクションの展示会を行う。日本での取り扱いなどは未定。

 コスタディノフはブランドのヘリテージを探求しつつ、そこにコンテンポラリーなタッチを加える。また、レインコートだけでなく、商品カテゴリーの幅を広げる。「『マッキントッシュ』の品質をよりモダンなファッションの世界に押し上げたい。コレクション自体が独自の声や存在感を持った、ユニセックスなワードローブにするつもりだ」とコスタディノフ。アンドレア・オーストーニ(Andrea Austoni)=マッキントッシュ グローバル コマーシャル ディレクターは「われわれはまず、革新的なカッティングや複雑な構造で作られるコスタディノフの洋服に引かれた。彼のアプローチは『マッキントッシュ』をコンテンポラリーで新しい方向に導くだろう」とコメント。

 コスタディノフは16年にセントマーチン美術大学を卒業し、自身のブランドをスタートした。在学中に「ステューシー(STUSSY)」とコラボコレクションを手掛け、ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)などで取り扱われていた注目の若手デザイナーだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら