フォーカス

有力セレクトバイヤーに聞く、2015年春夏のバッグ・シューズ売れ筋動向

japan_0504-web 2015年春夏シーズン、セレクトショップの店頭で支持を集めたバッグ&シューズとは?有力セレクトショップバイヤーに、立ち上がりから4月までの動向を聞いた。

ユナイテッドアローズ


吹上肖/バイヤー

 シューズはスニーカーがトップセラー。「ニューバランス(NEW BALANCE)」の“M1300”など限定ものが特に動く。オリジナル含めプレーンのパンプスも好調。トーはポインテッド、ヒール高は5.5cmか8.5~9cmの二極化。カラーは黒、キャメルのベーシックカラーが強い。「ジャンヴィト ロッシ(GIANVITO ROSSI)」のスエード、「ペリーコ(PELLICO)」の人気も継続。

 バッグは、「ラドロー(LUDLOW)」のかごバッグが当たった。カジュアルとフェミニンを兼ね備えているのが人気の理由。「フルラ(FURLA)」はミニサイズの“キャンディ”や“メトロポリス”などがよく動いた。「アニヤ・ハインドマーチ(ANYA HINDMARCH)」のキャッチーなバッグも人気。

トゥモローランド


柏谷紗百合/バイヤー

 シューズは、フラットとヒールの2分野を強化した。フラットで人気だったのは、「ヴィットリオ スペルナンツォーニ(VITTORIO SPERNANZONI)」に別注したローファーの他、メンズライクなレースアップやオックスフォード靴など。「ヘレ・マーリエ(HELE MALIE)」のエスパドリーユも立ち上がりから動いた。ヒールでは、プライスに関わらずシルバーのパンプスやスエードのカラーコンビなどが好調。

 バッグは、全国でポップアップストアを開いた「ウォント レス エッセンシャル デ ラ ヴィ(WANT LES ESSENTIELS DE LA VIE)」が人気を集めた。色はベーシックカラーに加え、キャメルやピンクも当たった。他には、ポシェット型のショルダーバッグや巾着型も好評。

最新号紹介