フォーカス

“スタンスミス” “スーパースターブーム”の火付け役、卸業イモトの次なる挑戦

 「アディダス」の“スタンスミス”や“スーパースター”の大ヒットを陰で支えたのが、スポーツ用品の卸売業を中心に行うイモトだ。同社は通常の卸売業の枠を超えてアディダスジャパンと共にプロモーション、ブランディング、販売を行うことで、現在も続くスニーカーブームの立役者となった。今後はさらにその取り組みを強めるとともに、新規流通の開拓や販売手段を提案し、自ら予算をもって店頭装飾などにも積極的に関与していく。

 さまざまな競技のウエアからシューズ、用具まで膨大な品目を扱うスポーツの卸売業は、メーカーが供給する商品の在庫管理としての役割が大きい。そんな中、イモトは“ブランディング先行型”の新しい卸売業のビジネスモデルを構築してきた。現在、有名メーカーの新作発表などメーカー主導のグローバルなプロモーションは主に都心を中心に行われているが、その予算を有効活用し、地方の小売店に対しても販促のサポートを行っている。

次ページ:スポーツシューズをセレクトショップに卸したことが原点だった ▶

ページ: 1 2