ファッション

ジミー・チュウが震災復興支援イベントに参加 福島の伝統織物を用いた靴を発表

 「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」の創業者であり、現在、故郷マレーシアの観光大使として活動するシューズデザイナーのジミー・チュウは18日、福島県・福島市で開催された地域伝統工芸品の震災復興支援イベントに出席した。「福島から世界へ?Creativity Through Skills?」をテーマにした特別講演を行なったほか、地元のクリエイターらとの交流会に参加。合わせて、会津木綿、川俣シルク、会津漆器といった福島の伝統工芸品を用いて制作した6足のシューズからなる「福島コレクション」を発表した。
 
 「福島コレクション」は、一般発売の予定はなく、福島県庁や経済産業省東北経済産業局、会津若松市などの関連団体に寄贈される。また、4月29日の「東京ガールズコレクション in 福島 2014 supported by XEBIO GROUP」の福島県のブースで一般公開される予定だ。
 
 チュウは、「私は靴職人であった父から職人として大切なことを学んだ。それは常に真摯な姿勢でもの作りに取り組むことだ。一職人として、これからも職人やデザイン教育の重要性を伝えていきたい。今回のイベントが一過性のものとして終わるのではなく、この靴が伝統工芸に携わる人々に勇気を与え、日本とマレーシアの伝統工芸職人同士の交流の活性化につながることを祈っている」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら