ビューティ

営業再開から2週間、化粧品メーカーの動きは?

有料会員限定記事

 新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言が全国で解除されて約2週間が経過。百貨店も営業を再開し、開店直前には長い列を作るなど、週末には駅周辺の繁華街はにぎわいもみられている。 “3密”を避けソーシャル・ディスタンシングをとるための対応策についてアンケート調査をメーカー7社に行ったところ、全てがタッチアップの自粛を継続中のほか、マスク着用、消毒の徹底、使い捨てのコットンチップを常備、飛沫防止の透明アクリル板やビニールシートの設置、さらには美容部員がフェイスシールドを着用しているところもあるという。(この記事はWWDビューティ2020年6月11日号からの抜粋です)

 コーセーは、タッチアップの代替として「使い方提案を実施。お客さまが化粧品の使用法を理解することができ、自宅でも実践できるというメリットがある」理由から肌に直接触れない“レッスン形式”を採用した。もともと2015年から厚生労働省認定の技能検定「メイクレッスン検定」を社内資格として導入しており、短時間でより質の高いレッスンを行える教育が現在の状況に生かせているという。花王やカネボウ化粧品も、会話の中で製品の使用感や色み、使い方などをより具体的に説明するようにしている。また、「イヴ・サンローラン」では、店頭でタッチアップができない分、公式オンラインで、カメラ越しに気になるリップカラーを試すことができる“カラーシミュレーション”を用意する。

この続きを読むには…
残り992⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら