ニュース

ビューティ業界の重鎮、ロビン・バーンズが新会社バタフライ ビューティを設立

 エスティ ローダー カンパニーズやヴィクトリアズ シークレット ビューティで要職を歴任してきたロビン・バーンズ=バタルーア ビューティ会長とパートナーのサム・グソンが、化粧品新会社バタフライ ビューティを設立した。同社は、「デレク ラム(DEREK LAM)」「エリザベス・アンド・ジェームス(ELIZABETH AND JAMES)」「ロバート・グラハム(ROBERT GRAHAM)」を含むデザイナーズブランドなどのフレグランス、カラーコスメ、スキン・ボディー・ヘア・パーソナルケア製品の販売とマーケティングをグローバルで展開する。

 まずは、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン傘下のケンドー社と提携し、「エリザベス・アンド・ジェームス」のフレグランスのシグニチャー「ニルヴァーナ ブラック アンド ホワイト」や、デザイナーのオルセン姉妹が手掛けるフレグランスを2015年下旬から16年上旬にかけ、北米の高級百貨店やウェブサイトで販売する。16年下旬から17年には、イギリスなどのヨーロッパ圏でも順次展開する。この他、16年春には「ロバート・グラハム」からメンズフレグランス、「デレク ラム」のディフュージョンライン「10クロスビー・デレク ラム(10 CROSBY DEREK LAM)」から、25〜35歳のミレニアル世代をターゲットにしたウィメンズフレグランスをローンチ予定だ。

 なお、創設者の2人が06年に設立したバタルーア ビューティ社も、ビューティブランドの事業および製品開発を手掛けているが、「今回立ち上げたバタフライ ビューティ社はまた違う形で事業を展開していく」としている。バタルーア ビューティ社は12年、クリスチャン ルブタン社と合弁でクリスチャン ルブタン ボーテを立ち上げ、14年にネイルポリッシュラインを発売したことでも知られる。