ファッション

ビューティ業界の重鎮、ロビン・バーンズが新会社バタフライ ビューティを設立

 エスティ ローダー カンパニーズやヴィクトリアズ シークレット ビューティで要職を歴任してきたロビン・バーンズ=バタルーア ビューティ会長とパートナーのサム・グソンが、化粧品新会社バタフライ ビューティを設立した。同社は、「デレク ラム(DEREK LAM)」「エリザベス・アンド・ジェームス(ELIZABETH AND JAMES)」「ロバート・グラハム(ROBERT GRAHAM)」を含むデザイナーズブランドなどのフレグランス、カラーコスメ、スキン・ボディー・ヘア・パーソナルケア製品の販売とマーケティングをグローバルで展開する。

 まずは、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン傘下のケンドー社と提携し、「エリザベス・アンド・ジェームス」のフレグランスのシグニチャー「ニルヴァーナ ブラック アンド ホワイト」や、デザイナーのオルセン姉妹が手掛けるフレグランスを2015年下旬から16年上旬にかけ、北米の高級百貨店やウェブサイトで販売する。16年下旬から17年には、イギリスなどのヨーロッパ圏でも順次展開する。この他、16年春には「ロバート・グラハム」からメンズフレグランス、「デレク ラム」のディフュージョンライン「10クロスビー・デレク ラム(10 CROSBY DEREK LAM)」から、25〜35歳のミレニアル世代をターゲットにしたウィメンズフレグランスをローンチ予定だ。

 なお、創設者の2人が06年に設立したバタルーア ビューティ社も、ビューティブランドの事業および製品開発を手掛けているが、「今回立ち上げたバタフライ ビューティ社はまた違う形で事業を展開していく」としている。バタルーア ビューティ社は12年、クリスチャン ルブタン社と合弁でクリスチャン ルブタン ボーテを立ち上げ、14年にネイルポリッシュラインを発売したことでも知られる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。