ファッション

玉城ティナの今夏のおすすめコスメとは?

 ファッション誌「ViVi」(講談社)で最年少専属モデルとしてデビューし、現在はテレビ、映画へと活躍の場を広げている玉城ティナ。中でも「サーティワン アイスクリーム」のテレビCMは、彼女のキュートな踊りや斬新なヘアスタイルが見られると話題になっている。そこで弊紙は、「サーティワン アイスクリーム」の新作CMの撮影現場に潜入し、彼女にCM出演の感想や美容について聞いてみた。ちなみに、玉城ティナといえば“たまかみ(黒髪ボブ)”が有名だが、この日の髪型は“パンダ”をイメージしたものだった。

WWDビューティ(以下、WWD):「サーティワン アイスクリーム」のCMに出て、まわりの反応は?
玉城ティナ(以下、玉城):次々と新しいバージョンが放送されているので、友だちからよく「新しいCM見たよ!」と声をかけられる。みんな私の髪型やメイクもよく見てくれていて、「七変化だね」とか言われたりする(笑)。ちなみに、今日撮影しているCMにはパンダが出てくるので、この髪型はパンダがイメージで、衣装はクラッシュアイスのイメージ。

WWD:今日は期間限定発売の「クラッシュアイス」のCM撮影だが、3品あるうちどれが1番好きか?
玉城:「レモンハワイ」が好き。アイスクリームの「ポッピングシャワー」が大好きだが、それと1番相性がいいと思うのが「レモンハワイ」だ。学校帰りに、友だちと食べたいなと思っている。

WWD:モデルとして美容に気を付けていることは?
玉城:太りやすい体質なので、食事には気をつかっている。運動は苦手なので(笑)

WWD:今夏にしてみたいメイクは?
玉城:今日はピンクっぽいアイシャドウだが、最近はカラーシャドウがかわいいと思う。あとリップグロスも気になっている。夏は元気な感じでいきたいので、カラーマスカラにも挑戦したい。下まつげだけなら、さほど主張もしないので使いやすいかなと。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら