ファッション

ヒカキンがファッション界に興味津々!? トップユーチューバーが語る今後の展開

 「ユーチューブ(YouTube)」の動画投稿がきっかけでブレイクしたヒカキンは、コンビニのお菓子や、期間限定の飲料水、ドン・キホーテなどで購入した商品紹介の動画で小中学生から絶大な支持を得ている。得意のヒューマンビートボックスを合間に取り入れた5分前後の動画は、テロップの使い方や色調にキャッチーな編集が加えられ、企業からのタイアップが殺到するほどの人気ぶりだ。現在、「ヒカキンチャンネル(HIKAKIN)」「ヒカキンティービー(HikakinTV)」「ヒカキンゲームズ(HikakinGames)」「ヒカキンブログ(HikakinBlog)」と4つのチャンネルを運営し、チャンネル登録者計550万人、再生回数18億回を記録し、日本で「ユーチューバー」という職業を確立したパイオニアといっても過言でない。実際に小中学生の「将来なりたい職業」にユーチューバーがランクインするほどヒカキンの存在は、子供たちのヒーローとして定着している。

 彼のもうひとつの魅力といえばヒューマンビートボックスだ。2013年にシンガポールで開催された「Social Star Award」のセレモニーではエアロスミスと共演しており、そのライブ映像は200万再生を超えている。他にもアリアナ・グランデ(Ariana Grande)、ニーヨ(NE-YO)、ハイファナ(HIFANA)など国内外の人気アーティストからのオファーが堪えず、アーティストとしての活動も目覚ましい。自身が所属するユーチューバー専門のクリエイターを抱える「ウーム(UUUM)」のファウンダーも兼任している。世界から注目され、勢いのとどまることを知らないヒカキン。「ユーチューバー」として活動するにあたり、今後のコンテンツプランを聞いてみた。

WWDジャパン(以下、WWD):動画を投稿するようになったきっかけは?

ヒカキン(以下、H):高校生の時にヒューマンビートボックスに興味を持ち、海外パフォーマーの動画を研究してるうちに、自分でも投稿できないかなと思ったのがきっかけです。特に影響を受けたヒューマンビートボクサーは日本だとAFRA(アフラ)さん、海外だとRahzel(ラゼール)ですね。僕の中で今も神みたいな存在です。

WWD:他のアーティストにはない自身のビートボックスの特徴は?

H:最初はビートボックス=ヒップホップと思っていました。AFRAさんやRahzelをマネしてると完全にヒップホップになってしまいますからね。上京してクラブでパフォーマンスをしていくうちに、日本人にも聞きやすい音源の方が受け入れやすいんじゃないかなと思い、スーパーマリオブラザーズやAKB48といった、お茶の間で流れるような誰もが口ずさめる音を取り入れるようになりました。多分、クラブ文化は海外と比べると日本はまだ少し弱いのかもしれません。

WWD:手掛けているチャンネルの運営状況について教えて下さい。

H:まず、作った順番でいうと「HIKAKIN」で、これはビートボックス専門です。次が「HikakinTV」で、いまメーンとなっているチャンネルで毎日19時にアップされる商品紹介動画です。その次が、「HikakinBlog」、このチャンネルは自分のプライベートなどをスマホで撮って気軽な内容をアップしています。最後が「HikakinGames」。その名のとおりゲームアプリの実況です。最低でもメーンチャンネルとゲーム実況で1日2本の動画をアップしています。編集もすべて自分で行っているので、それ以外のスケジュールをやりくりしながらの作業は本当に大変です(笑)。

WWD:今後新たにチャンネルを増やす予定は?

H:4つのチャンネルを同時に運営しているので、ひとつに凝縮できないかと思っているくらいです。まだ予定は立っていませんが、プロデュース側にまわって同じ所属事務所のユーチューバーや僕が気になる人を集めて、動画制作をすることもいつかやってみたいと思っています。

WWD:ファッションやビューティ系の動画制作に興味はあるか?

H:これはネタバレになってしまいますが……、ファンの方からアイプチを試して欲しいというリクエストが多くきます。僕が一重なので、二重になったらどうなるかという(笑)。少し笑える要素を取り入れるのが僕の動画の特徴なんです。ファッション系だとしたら「ユニクロ(UNIQLO)」を題材にした動画を作ってみたいですね。それこそ極端ですが、3000円でヒカキン流の全身コーディネートを紹介するとか。身近に感じられるアイテム選びを今後も徹底していくと思います。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら