ビジネス

高校中退からイギリス屈指の実業家に トップショップ オーナーのフィリップ・グリーン卿が語るビジネス法

 10年前にロンドンでファッション・リテール・アカデミーを創設したフィリップ・グリーン卿(63)は7月8日、イギリスの小売企業と記念パーティーを共催した。若者がファッション業界におけるスキルやノウハウを身に付けるために創立された同校は、多くの卒業生を送り出している。彼は高校を中退しながらも、独自のビジネス法を用いて54億5000万ドル(約6758億円)もの資産を手に入れたイギリス屈指の実業家だ。また、彼はアカデミーの他、かつてはアレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)やクリストファー・ケイン(CHRISTOPHER KANE)などをサポートし、トップショップ(TOPSHOP)がスポンサーを務めるイギリスファッション協会の若手デザイナー支援プログラム「ニュー ジェン プログラム」を含むさまざまな功績により、2006年にイギリス女王からナイトフッドの称号を与えられた。

ファッション・リテール・アカデミーを創立の背景

 フィリップ・グリーン卿がロンドンのファッション・リテール・アカデミーを創立したのは、今から10年前のことだった。トニー・ブレア政権(当時)が彼に学校設立の話を持ちかけた時、最初の答えは“ノー”だったという。「学校を卒業しなかった僕がどうして学校を設立するのか。代わりにファッションのアカデミーはどうだ」と提案したところ、直接ブレア首相と面会することになり、話はすぐに進んだ。互いに1000万ポンド(約19億3000万円)を出資し、2005年にファッション・リテール・アカデミーが創立された。

 現在アカデミーはメーンスポンサーにマークス&スペンサー、ネクスト、テスコのF&F、エクスペリアンを迎え、今まで5000人以上の生徒を育ててきた。生徒は小売り、マーチャンダイジング、買い付け、グラフィックデザインといったファッションの専門分野を学び、卒業生の約9割は就職している。今夏さらなる拡大に備え、同校はセントラルロンドンの校舎の増床とリニューアルを予定している。

 白シャツに「ジャンフランコ フェレ」のスーツを着てインタビューに答えるグリーン卿は、1億2800万ポンド(約247億400万円)の経済効果を生み出したといわれるアカデミーが彼にとって大きな功績の一つだと語る。彼は若者の支援を熱心に行っており、自身がオーナーを務めるアルカディア・グループに生徒を引き取ってトレーニングすることも珍しくない。最近はロンドン北部の中学生や高校生に講義をしたり、インターンシップの場も提供している。

グリーン卿の類いまれなる才能とは?▶

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら