フォーカス

スポーツスタイルはいつまで続くのか?

手頃でラクチン!デザイン性も向上で当面廃れる気配ナシ

 スタイルのスポーツ化が止まらない。バッグでは売れ筋の一つにバックパックが浮上し、シューズはカジュアル化がさらに加速。しばらくブームが続いた「ニューバランス(NEW BALANCE)」のほか、「ヴァンズ(VANS)」や「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」など、スポーツやストリートブランドのスニーカーが百貨店シューズ売り場の人気上位に食い込んでいる。

 最近のニュースを振り返っても、スポーツ、もしくはアウトドアブランドの躍進が著しい。スニーカーセレクトの「アトモス(ATMOS)」は4月25日、銀座エリアに初出店。先行オープンしたスポーツ ラボ バイ アトモス新宿店は3月に8000万円を売り上げた。また、アシックスは「アシックス(ASICS)」「オニツカタイガー」に次ぐ第3のブランド「アシックスタイガー(ASICS TIGER)」をスタート。250億円がピークだったライフスタイル部門の売上高を伸ばし、2020年には1000億円を狙う。また、原宿はキャットストリートを中心にアウトドア化が進行。界隈に4店舗を持つ「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」を筆頭に、さまざまなブランドのフラッグシップが軒を連ねる。

【コラム】「アトモス」が銀座エリアに初出店する狙い ▶︎
【コラム】原宿の“アウトドア村化”に拍車 エリア内の直営店は19店舗に ▶︎

 スポーツスタイル隆盛のきっかけは、08年のリーマン・ショックだろう。リーマン・ショックを起因とする世界同時不況は、消費者が高額消費をためらう理由となり、それ以上に「着飾る」ことに対して後ろめたい思いを抱かせた。ハデな服を着て輝く「着飾る」というマインドに代わり台頭したのは、「ヘルシー」なライフスタイルを楽しむことで内面から輝くという考え方。消費者は真の「ヘルシー」を目指しスポーツに取り組んだり、「ヘルシー」なムードに憧れスポーツのムードを取り入れたりするようになった。

 こうして台頭したのは、15-16年秋冬こそ若干シフトチェンジしたが、それまではスポーツに常にインスパイアされ、競技由来のユニフォームをストリートスタイルに落とし込んできたアレキサンダー・ワンや、肩肘張らないヘルシーなライフスタイルをアディダスとの協業にも取り組み描いてきたステラ・マッカートニーだ。

【ルック】セクシーにキメる、スポーツミックスを提案した「アレキサンダー・ワン」2015年春夏NYコレクション ▶︎