国内・海外の最新ファッション&ビューティ・トレンドをはじめ、業界ニュースをいち早くお届け。最新コレクションやスナップ、キャリア情報まで、全てを網羅!

#オイルカラー革命! ダメージレスなヘアカラー体験をかなえる「iNOA」が遂に日本に上陸

2018/12/20

 オイルが導く――。新しいヘアカラーシステム※1を採用したオイルヘアカラー剤「イノア(INOA)」が2019年春、ロレアル プロフェッショナルから発売される。すでに世界の数々の国でヘアカラーの常識を覆してきた「イノア」。その革新的なシステム※1がもたらすのは、奥深く、透明感のある仕上がりとダメージレス体験、そして、サロンカラーの価値の向上だ。業界でもトップクラスのヘアカラーのスペシャリストをも虜にしてしまう「イノア」の全貌をお届けする。
「これがオイルカラー!」
シャンプーから褪色まで。驚きの連続
 
 シャンプーの時点で、今までのヘアカラーとは違う! とオイルカラーのすごさを感じた。きしみや絡みを感じない、手触りのよさ。まるで見た目も手触りもトリートメントをしたみたい。傷んで見えやすい寒色系のカラーも艶やかに仕上がり、地毛のようなアッシュがつくれる。「イノア」でできるのは、日本人が今まで諦めていたカラーリング。傷んでいるとくすみがちな毛先もきれいに仕上がり、さらに褪色まできれい。これまでもダメージにはかなり気をつかってきたけれど、「イノア」には本当に驚かされる。
岩上晴美/「カキモトアームズ(kakimoto arms)」 ヘアカラーマネージャー
「イノア」によってヘアカラーの
理論と常識が、がらりと変わる?
 
 なによりも仕上がりの艶感が衝撃的。しかもその艶が続くというから、それにもまた感動を覚えた。オイルカラーの仕組みは、僕たち日本の美容師が習ってきた染毛原理とはまったく違うもの。「イノア」の登場によってヘアカラー観が変わり、艶がすぐになくなる、褪色する、ダメージするといった、ヘアカラーのマイナス面の常識もガラリと変わりそう。そういったことも含めて発信していきたい。あとアンモニアを使っていないから、カラーリング後の髪の匂いをかぐことができてしまう。これもすごいことだと思う。
前原穂高/「バイオレット(Violet)」代表
発色、艶、手触り、臭い……
全てにおいて提案しない理由がない
 
 以前、外国人のお客さまがサロンに来店されたときに、「イノアがないなら」とカラーをせずに帰ってしまったことがあって……。それ以来、オイルカラーってどんなにすごいんだろうと、発売を心待ちにしていた。発売に先駆けて使わせていただいて、納得。仕上がりも艶も今までのヘアカラー剤※1にはないすばらしいレベル。しかもヘアカラーでは仕方ないと思っていた、ダメージも臭いも感じない。日本のお客さまも「イノアでしか染めない」という人が増えそうな予感。僕もお客さまに提案しない理由が見つからない。
赤岡翔太/「トニー&ガイ(TONI&GUY)」テクニカルディレクター
カラー直後はもちろん、しばらく
経ってからも“違い”を感じてもらえる
 
 すでにお客さまに試させていただいているが、みなさん次の来店時にも「また『イノア』を使って」とオーダーされ、すでに人気のヘアカラー剤になっている。オイルカラーと従来のヘアカラー※1との違いを特に実感してもらえるのは翌日、そして1週間後の2回。翌日は滑らかな指通りに喜んでいただけるし、カラー後少しずつダメージを感じ始めるころにも艶と潤い感が続いていることに驚いてもらえるはず。オイルカラーは“お客さまにも実感していただける新しさ”を持っているカラー剤だと思う。
高橋学/「ギンザ ピーク・ア・ブー(GINZA PEEK-A-BOO)中央通り」トップスタイリスト
 「イノア」はオイルを主役とした新しい染毛システム※1を採用。これまでのヘアカラーでは乗り越えることが難しかった大きな課題、ダメージ、色持ち、臭いを革新的に改善することに着目。「イノア」によって今、サロンヘアカラーに対するイメージそのものが変わっていく。
 「オイル・デリバリー・システム」によって薬剤の浸透が効率化した「イノア」。剤中のアルカリ量が減り、ダメージの軽減へとつながっている。それはカラーリング後の18-MEAの残存量からも分かる。18-MEAはキューティクルの外側で保護膜をつくっている脂肪酸で、髪の艶や手触りに寄与するもの。一般的なヘアカラーと比較して「イノア」使用後はより多くの18-MEAが髪に残っているという結果に。カラーリングを重ねれば重ねるほど、感動のダメージレス体験が待っている。
 「イノア」は日本人が好む、赤みや黄みを感じない奥深い色みと、透明感、グロス感を兼ね備えたオイルグロス発色。奥深く、透明感のある仕上がりだ。さらにその艶と色みが、自宅に帰ってからもずっと続くのが特徴。褪色が進むと出てきがちなアンダーの赤みや黄みも、従来のヘアカラー※1と比較して格段に抑制されており、カラー後しばらく経ってもその色艶は損なわれない。
 「イノア」は、あのツンとする刺激臭のもととなるアンモニアが無配合。完全なる刺激臭ゼロを目指した。施術中の心地よさが増すのはもちろんのこと、家に帰ってからも気になっていた残臭がなくなり、ヘアカラーの美しさに身をゆだねていただけるように。サロン全体に漂っていたアンモニア臭がなくなることで、サロンの香り環境も一変する。真の意味でのリラクゼーションサロンの追求につながる。
 トレンドのヘアカラーや、透明感のある色みはダメージと引き換え……。そんなお客さまと美容師の“諦め”を、「イノア」は独自の「オイル・デリバリー・システム」によって希望に変える。オイルの力で染める「イノア」の成分は約60%がオイル※2。髪表面に付着したオイルによって、水に溶けた染料とアルカリ剤を効率的に髪内部に浸透させる仕組みで、髪のダメージにもつながるアルカリ剤の役割を減らすことに成功。水を主成分とする従来のヘアカラー剤※1とは、染毛システムが異なる。髪の表面を保護しながら、ダメージを感じないヘアカラーを体験できる。
※1 ロレアル プロフェッショナルにおいて 
※2 1剤カラークリームにおいて
TEXT BY MAKIKO FUKUDA
問い合わせ先
ロレアル プロフェッショナル
03-6911-8321