国内・海外の最新ファッション&ビューティ・トレンドをはじめ、業界ニュースをいち早くお届け。最新コレクションやスナップ、キャリア情報まで、全てを網羅!

万年筆だけじゃない 「モンブラン」の新たな魅力に迫る

2018/10/12

「モンブラン(MONTBLANC)」といえば、高級筆記具の代名詞的存在だが、実はトラベルコレクションも充実している。この秋、発表されたトローリーケースは、瞬く間に在庫切れをするほどの人気ぶり。だが、そのパフォーマンス性はいかなるものか? 今回は国内外を駆け回る4人のクリエイターにトローリーケースの使い勝手を試してもらった。

ABOUT MONTBLANC TROLLEY

product

マットブラックのポリカーボネートをベースに、随所にレザーのトリミングをあしらった外装デザイン。アーバンスタイルにもスッとなじむスタイリッシュなルックスながら、その機能面も申し分ない。収納力たっぷりのメーンコンパートメントは、大小さまざまなポケットを装備しており、小物類がたくさんあっても雑然とせず、きちんと整理収納ができる。また一般的に機内持ち込み可能なサイズで、TSAロック付き。出張やちょっとした旅行にも最適だ。37Lの当モデルの他、4つのサイズバリエーションをそろえる。トローリー キャビン(H55×W38×D23cm)7万3000円

※機内持ち込み荷物のサイズは航空会社によって異なります

1
DAITO MANABE
Artist.

1_main_mini

1_sub_mini

イタリア・フィレンツェにある自社工房で加工されたレザーをあしらったハンドル部分。使う人の側に立った「モンブラン」のデザインと心使いが細部にまで行き届いている。
1
DAITO MANABE
Artist.
イタリア・フィレンツェにある自社工房で加工されたレザーをあしらったハンドル部分。使う人の側に立った「モンブラン」のデザインと心使いが細部にまで行き届いている。
2
ZEN
Parkour Athlete.

2_main_mini

2
ZEN
Parkour Athlete.
足元を支えるのは、360度回転するボールベアリングホイール。動き出しはスムーズで走行音も気にならない。不具合が生じた場合は全国のショップで修理を受け付けてくれる。
2_sub_mini

足元を支えるのは、360度回転するボールベアリングホイール。動き出しはスムーズで走行音も気にならない。不具合が生じた場合は全国のショップで修理を受け付けてくれる。
3
YOSHIMI NAGAO
Takashimaya Style & Edit Buyer.

3_main_mini

3_sub_mini

トローリー キャビンのスタイリッシュなデザインは、使う人のファッションスタイルを選ばない。ビジネスシーンはもちろん、プライベートでもオケーションを問わず活躍する。
3
YOSHIMI NAGAO
Takashimaya Style & Edit Buyer.
トローリー キャビンのスタイリッシュなデザインは、使う人のファッションスタイルを選ばない。ビジネスシーンはもちろん、プライベートでもオケーションを問わず活躍する。
4
KENICHI YAGUCHI
Hair & Makeup Artist.

4_main_mini

4
KENICHI YAGUCHI
Hair & Makeup Artist.
ハンドル下のスペースにはモバイルバッテリー「パワーバンク」がすっぽり収まるポケット付き。携帯電話をはじめ、さまざまなデバイスのバッテリーチャージが可能だ。
4_sub_mini

ハンドル下のスペースにはモバイルバッテリー「パワーバンク」がすっぽり収まるポケット付き。携帯電話をはじめ、さまざまなデバイスのバッテリーチャージが可能だ。

 

Montblanc_Logo_Solo_RGB_Neg

4人のクリエイターが
見て、触れて、感じたこと

people_1-min

1
真鍋 大度
アーティスト
「出張では機材をたくさん持って行くので、スーツケースは30個ぐらい持っています。選ぶのは、耐久性があってアフターケアが充実しているものです。その点、『モンブラン』は信頼できますよね。また、このトローリー キャビンのメーンコンパートメントにはたくさんのポケットが付いていますよね。職業や用途を限定しないフレキシビリティーも魅力です」

PROFILE/1976年生まれ。2006年にライゾマティクスを共同設立。プログラミングを駆使し、デザイン、アート、エンターテインメントなど幅広い領域で活動するアーティスト

people_2-min

2
ZEN
パルクールアスリート
「遠征先で着る洋服について考えているうちに、結局いろいろ持っていってしまい、いつも重量が増えてしまいます。なので、僕がトローリーで重視するのはホイール。このトローリー キャビンは360度回転する4輪タイプなので、全方位に動けるのがいいですね。またホイールは一番壊れやすいパーツなので、世界中の店舗で修理を受け付けれくれるのはありがたいですね」

PROFILE/1993年生まれ。周囲にある壁や柵などを利用して、走る、跳ぶなど、人間本来の身体機能を追求するスポーツ、バルクールのプロ選手。またパフォーマーとしてCMや舞台に出演するなど多方面で活躍する

people_3-min

3
長尾悦美
髙島屋 スタイル&エディット バイヤー
「販売員の頃に上司から『お客さまの目に入るものにはこだわりを持ちなさい』と教えられて、『モンブラン』のボールペンを使っていました。ボールペンと同様、重厚感のあるトローリー キャビンは、飾りすぎない品格がありますね。キレイめのONスタイルはもちろん、カジュアルなOFFスタイルでも、このトローリーがあれば印象をワンランク引き上げてくれます」

PROFILE/1981年生まれ。ショップスタッフを経て、2011年から髙島屋の自主編集コーナー、スタイル&エディットのバイヤーに就任。清潔感と品の良さを感じられるセレクションが好評を呼んでいる

people_4-min

4
矢口憲一
ヘア&メイクアップアーティスト
「普段の撮影では、トローリーケースに仕事道具を入れています。中身はブラシやワックスなど細かなものが多いので、このトローリー キャビンであれば整理整頓ができて良いですね。またスケジュール管理や原稿執筆を携帯電話で済ませているので、このモバイルバッテリーを収納するポケットはありがたいです。これがあれば、ロケ中でもバッテリー切れの心配がなさそうですね」

PROFILE/1975年生まれ。ヘア&メイクアップアーティストとして雑誌、広告、MVなどで活躍。また、今年5月には自身のサロン「駿河台 矢口」が神田駿河台にオープン

 

PHOTOS: KAZUMASA TAKEUCHI(STUH)[YOSHIMI NAGAO, KENICHI YAGUCHI],
MASATAKA NAKADA(STUH)[DAITO MANABE, ZEN]
TEXT:YOKO ONISHI

問い合わせ先
モンブラン
0120-39-4810