国内・海外の最新ファッション&ビューティ・トレンドをはじめ、業界ニュースをいち早くお届け。最新コレクションやスナップ、キャリア情報まで、全てを網羅!

女優たちをさらに輝かせる、京都発「NIWAKA」の魅力

2017/09/04

Photo by Aflo

 本年度のアカデミー賞やゴールデン・グローブ賞といった、世界の名だたる賞の授賞式で着用される日本のジュエリーがある。それが京都発の「NIWAKA(俄)」だ。「NIWAKA」が選ばれる理由は何なのか?それは、“京の石畳”や“叶結び”などをモチーフにした、他にはない和の精神性と、それを実現する緻密で繊細な職人の技、強い輝きを放つダイヤモンドなど、素材へのこだわりにある。

 レッドカーペットで自分自身をさらに輝かせ、自信を与えてくれるジュエリー。だからこそ「NIWAKA」のジュエリーは、世界中で活躍する多くの女優に愛され、選ばれているのだ。

第89回 アカデミー賞 助演女優賞

Viola Davis
ヴィオラ・デイヴィス

ヴィオラ・デイヴィス

アカデミー賞の授賞式と
アフターパーティーでジュエリーを着用

 京都の夏の風物詩「祇園祭」から着想を得たコレクション“京ノ祭”。真っ赤な「ジョルジオ アルマーニ プリヴェ」のドレスに合わせて、燃え上がる炎をガーネットとゴールドで表現したブレスレットとリング、そして耳元には同シリーズのイヤリングを重ね着けし、その華やかなスタイリングで会場を魅了した。

ヴィオラ・デイヴィスヴィオラ・デイヴィス

 毎年アカデミー賞授賞式後、同日に開催される、米国のエンターテインメント誌「ヴァニティ・フェア(Vanity Fair)」主催によるアフターパーティーでもヴィオラ・デイヴィスは、「NIWAKA」のイヤリングを着用して登場。授賞式とは対照的な白のパンツスーツに、揺れるダイヤモンドのイヤリングがマッチ。

Profile : アカデミー賞主演女優賞や助演女優賞のノミネート歴を誇る。映画「フェンス」(2016)において、第74回ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞、全米映画俳優組合賞、第89回アカデミー賞などの助演女優賞を受賞する実力派女優

ヴァニティ・フェア・オスカーパーティー

Miranda Kerr
ミランダ・カー

ミランダ・カー

 “叶(かのう)”は、古来より縁起が良いとされる「叶結び」をモチーフにしたコレクション。結び目に「口」と「十」の形が現れる「叶結び」に、身に着ける人の願いが叶うように想いを託したジュエリー。重ねづけした3本のブレスレットが華やか。

Profile : オーストラリア人モデルとして初めて、ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」の特別広告塔にあたる“エンジェル”に起用される。5月にはアメリカの大富豪と結婚し話題に

第89回 アカデミー賞

Kirsten Dunst
キルスティン・ダンスト

キルスティン・ダンスト

 “唐花(からはな)”は古代エジプトに生まれ、8世紀に日本に伝わり、日本独自の形として発展した想像上の花。デコルテに沿うように曲線を描く蔓は、「無限の美」を表現。「ディオール」のクラシックなブラックドレスに、“唐花”のネックレスをアシンメトリーに着け話題に。

Profile : 「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」(1994)でゴールデン・グローブ賞助演女優賞にノミネートされ、「スパイダーマン」シリーズ(2002-07)ではヒロインを演じ、スター女優の地位を確立

第89回 アカデミー賞 プレゼンター

Felicity Jones
フェリシティ・ジョーンズ

フェリシティ・ジョーンズ

 「永遠の生命」や「無限なる成長」の象徴とされ、日本独自の文様として発展した想像上の花、“唐花”をモチーフにしたリング。ピンクゴールドにダイヤモンドをあしらったデザインが、プレゼンターとして登場したフェリシティ・ジョーンズの可憐な印象にぴったり。

Profile : 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(2016)では主役を演じ、知名度が一気にアップ。可憐なかわいらしさも相まって、現在、世界中から注目を集めている

ヴァニティ・フェア・オスカーパーティー

Jessica Alba
ジェシカ・アルバ

ジェシカ・アルバ

 “花雪(はなゆき)”は、雪の結晶よりインスピレーションを受けたデザイン。ジェシカの耳元を彩ったイヤリングは、ダイヤモンドの輝きを最大限に活かすようセッティングされ、太陽の光を反射する雪の結晶のようなきらめきを放った。

Profile : TVシリーズ「ダークエンジェル」(2000-02)で主人公マックス役を演じ、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞テレビシリーズドラマ部門にノミネート。その美貌で日本でも人気に

メットガラ2017

Haley Bennett
ヘイリー・ベネット

ヘイリー・ベネット

 ヘイリー・ベネットは、 “花麗(はなうらら)”のリングを両手に着用し、花々をあしらったヘアーやドレスにコーディネート。ダイヤモンドが敷き詰められた花弁は風に舞うように一枚一枚に動きがあり、立体的なシルエットを際立たせている。

Profile : ミュージカル映画「ラブソングができるまで」(2007)の重要な役どころでハリウッドデビュー。2016年には映画「荒野の七人」のリメイク版「マグニフィセント・セブン」に出演。続々と公開作が控えている注目の女優

第74回 ゴールデン・グローブ賞

Teresa Palmer
テリーサ・パーマー

テリーサ・パーマー

 和歌や舞踊の題材として古来より表現される藤の花から着想を得たコレクション“恋香”。テリーサ・パーマーはゴールデン・グローブ賞で、サファイアの花の房が垂れ下がる特徴的なデザインのリングを着用。

Profile : オーストラリア生まれ。2006年「呪怨 パンデミック」の出演で、本格的にハリウッドに進出。メル・ギブソン監督の「ハクソー・リッジ」(2016)では、オーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞の主演女優賞にノミネート

第74回 ゴールデン・グローブ賞

Kerry Washington
ケリー・ワシントン

ケリー・ワシントン

 “花車(はなぐるま)”は、平安時代の貴族が使用した「御所車」の車輪をモチーフにしたデザイン。ケリー・ワシントンはゴールデン・グローブ賞で、中心のダイヤモンドをメレダイヤモンドが取り巻き、一段と大きく輝くイヤリングを着用。

Profile : TVシリーズ「スキャンダル 託された秘密」(2012-)では主演を務め、アメリカ国内で一躍人気女優に。彼女のファッションも注目を集める

第59回 グラミー賞

Alicia Keys
アリシア・キーズ

 グラミー賞でパフォーマーとして登場したアリシア・キーズが着用したのは、プラチナとピンクゴールドのコンビネーションに、ダイヤモンドを配したリング。幅広のリングを重ねて、ボリューム感と共に存在感をアップさせて着用。

Profile : 2001年のデビュー以来、全世界トータルセールス3000万枚、グラミー賞15冠など、数々の快挙を成し遂げているシンガー

第22回 クリティクス・チョイス・アワード

Sarah Paulson
サラ・ポールソン

サラ・ポールソン

 サラ・ポールソンが着用した“八重霞(やえがすみ)”は、時間や場所の移り変わりを表現する日本の伝統的な「霞文様」をモチーフにしたイヤリング。軽やかな空気感の漂う新しいスタイルで伝統的なデザインの美しさを再発見させてくれる。

Profile : TVシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」(2016)で主役を演じ、17年のゴールデン・グローブ賞にノミネート。クリティクス・チョイス・アワードでは主演女優賞を受賞するなど、現在勢いのある女優の一人

米国メディアもこぞって掲載

 2017年アカデミー賞授賞式やアフターパーティーでのドレスやジュエリーの着用情報は米国のTV、雑誌、ウェブでも報道され、注目を浴びた。米国のエンターテインメント誌「People(ピープル)」では、ヴィオラ・デイヴィスがベストドレッサーとして選ばれ、「ジョルジオ アルマーニ プリヴェ」の赤いドレスに「NIWAKA」のジュエリーを着用したコーディネートが紹介された。また週刊芸能ニュース誌「US Weekly」でも、イヤリングが紹介されている。

 TVでは、エンターテインメント業界に特化したTVチャンネル「E! Entertainment」で「NIWAKA」の“京ノ祭”ジュエリーを絶賛。ウェブサイトでも、「The Adventurine」や「ハーパーズ バザー」「ハリウッドリポーター」「InStyle」「ヴォーグ」など、多くのサイトでジュエリーが紹介されている。

昨年、主演女優賞を受賞した
ブリー・ラーソンも
身に着けた「NIWAKA」

2016年、映画「ルーム」でア
カデミー賞主演女優賞を受賞
したブリー・ラーソンも着用。
雨上がりに輝く京の石畳を
モチーフにした“京小路
(きょうこみち)”の
リングを身に着けてレッ
ドカーペットを歩いた。

昨年、主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンも身に着けた「NIWAKA」


日本の美しい情景を映し出すジュエリー


 「日本の美に、新たな息吹を」それが「NIWAKA」が掲げる思いだ。日本人は自然豊かな山や川に囲まれて暮らし、四季を感じながら独自の文化を発展させてきた。そんな日本人の感性は、人の心と自然を重ねて詩的に描写するという文化を生み、その思いは「NIWAKA」のジュエリーにも脈々と受け継がれている。

 1200年の歴史を持つ京都で誕生した「NIWAKA」は、自然や伝統的な様式美、古くから親しまれてきた文様などをインスピレーションの源にし、歴史的な創作物に学びながら、新しいデザインを次々と生み出している。

 またこだわりはデザインに留まらず、素材においては、直径1㎜にも満たない小さなダイヤモンドであっても、高い品位のものだけを厳選している。この輝きの美しさもセレブリティーやスタイリストから愛される理由の一つ。京都の美意識を映し出す「NIWAKA」のジュエリーは日本だけでなく、世界をも魅了している。

日本の美しい情景を映し出すジュエリー
  • 1.京都の夏の風物詩「祇園祭」から着想を得たコレクション“京ノ祭”。ブルーサファイアなどの多彩な色石とマテリアルを使用したリング
  • 2.「梅の花を愛でる宴」をテーマにしたコレクション“梅宴(うめうたげ)”。格子窓から眺める美しい梅の庭をモチーフに、咲き誇る梅や静かに降る雪を表現
  • 3.野に咲く可憐な草花を生けた“生け花”がモチーフのコレクション“花籠(はなかご)”。立体的に交差した細い茎に大小さまざまな大きさの花が咲くデザイン

問い合わせ先
俄 南青山プレス
03-3796-0805