国内・海外の最新ファッション&ビューティ・トレンドをはじめ、業界ニュースをいち早くお届け。最新コレクションやスナップ、キャリア情報まで、全てを網羅!

「RMK」が20周年、なぜ愛され続けるのか

2016/12/13

RMK 20th Anniversary

ポイントメイク注力が奏功し、快進撃続く

日本発のメイクアップブランドとして確固たる地位を築いている「RMK」。1997年の誕生当時、日本ではパウダーファンデーション一辺倒だった中で、リクイドファンデーションを提案して、新たなベースメイク文化を創出した立役者でもある。さらに、カラーマスカラやつけまつげなどもいち早く展開。常に半歩先をいく提案が多くの女性に支持されてきた。ブランド誕生から20周年を迎える2017年、原点回帰からの進化を遂げ「RMK」の次なる挑戦が始まる。

still evolving
これからも共に――

ブランドを代表するベースメイクアイテムは、「欠点をおおい隠すためではなく、肌本来の美しさを引き立てるためにある」という考えから生まれたもの。それを具現化した「リクイドファンデーション」と「メイクアップベース」は、しっかりと手をかけているのに、限りなくナチュラルに仕上がることから、ブランド誕生時から今もなおベストセラー商品として君臨する。

さらに、2013年 7月から「RMK」 クリエイティブディレクターにKAORIが就任してからの快進撃は目を見張るものがある。KAORIの「洋服に合わせたメイクをしてほしい」という思いからベースメイクはもちろん、ポイントメイクにも注力。まつげに上下異なるカラーをつけられる「Wカラーマスカラ」や“青いグロス”で話題となった「リップジェリーグロス」(03ベビーブルー)など次々とヒット商品を生み出した。

今後も「RMK」はベースメイク、ポイントメイクブランドとして歩みを止めることなく、まい進していく。

LEADING PRODUCTS

左、ブランド誕生時の1997年に登場した「リクイドファンデーション」(4300円)と「メイクアップベース」(3500円)。中でも「リクイドファンデーション」は累計販売個数400万個以上を売り上げるベストセラー商品だ

リクイドファンデーション

BORN to 1997

ブランド誕生15周年の2012年に発売した艶とカバー力を実現した「ジェルクリーミィファンデーション」(5000円)

ジェルクリーミィファンデーション

2015年に発売した軽やかなつけ心地とみずみずしい艶をかなえる新剤形の「カジュアルソリッド ファンデーション」(5500円セット価格)

カジュアルソリッド ファンデーション

2003年に発売した「インジーニアス クリーミィ チークス」。頬にのばすとさらりとしたパウダリーな感触に変わるクリーミィなチークは当時、多くの女性を魅了した(現在は販売終了)

インジーニアス クリーミィ チークス
INTERVIEW
一人一人の個性を際立たせるメイク
KAORI/「RMK」クリエイティブディレクター

2014年春夏コレクションから商品開発に携わることになり、“フェイスクローゼット”をコンセプトにクリエーションを表現してきた。これまで、洋服に合わせてメイクを変えることを提案してきたが、女性の意識も変化している中で、一人一人の女性の個性を際立たせたいと考えるようになった。そこで、17年春夏コレクションからは、“カラークローゼット”をコンセプトに。カラー=個性であるととらえ、個性に合わせて色(ベースメイク、ポイントメイク)をチェンジできるアイテムを発信していく。17年春夏はブランドが大切にしてきたピンクとベージュに絞り込んだコレクションにしているので、お楽しみに。これからも「RMK」は、半歩先をいく提案をし続けていく。

MY RMK STORY

肌に自信がもてる
優れものたち

エリーローズ

エリーローズ
モデル、DJ

私が初めて「RMK」を使ったのは高校生で肌のトラブルに悩んでいた時。ヘアメイクさんに勧められて化粧水を買いました。それから「RMK」といったらベースメイク!薄づきだから厚化粧に見えずナチュラルな肌を作ってくれるから好きです。

MY FAVORITE ITEM
メイクアップベース

メイクアップベース、リクイドファンデーション、フェイスパウダーを全て RMKで統一。キメの細かい、透明感のある、すっと美しい肌が作れる印象がとても強く、今でも使い続けています ♡

下地、ファンデが
モデル仲間で大ブーム

植野有砂

植野 有砂
モデル

モデル仲間の間で「RMK」のベースメイクが大ブームで下地、リクイドファンデーションを高校生のころから使っていました。どんな人にも肌馴染みの良い使い心地の製品ばかりなので、とても信頼できるブランドです!

MY FAVORITE ITEM
フェイスポップパウダーチークス 02

付属のスポンジでつけるとツヤが出るのにサラサラで、顔に立体感が出ます。お気に入りの色はソフトコーラルで顔が明るくなるけどクールな印象で肌馴染みも良くとてもお気に入りです。(2017年1月6日数量限定発売)

オシャレの目覚めから
愛用する大好きなブランド

あわつまい

あわつ まい
モデル

「RMK」との最初の出合いは中学3年生。母が使っていた「RMK」のファンデーションを内緒で使い、仕上がりに感動したのを覚えています!ナチュラルだけどしっかりカバーもしたい、流行も取り入れたい私にピッタリはまる大好きなブランドです!

MY FAVORITE ITEM
ジェルクリーミィファンデーション

もう 5本目くらいの超リピートしてます!これを使ってから肌荒れをしなくなりました。カバー力のあるファンデーションを薄く塗るのがあわつ流のベース作りです!

“スタイル”のある
クリエイションが楽しみ

SAKURA

SAKURA
モデル・ビューティジャーナリスト

女性誌の企画でお会いし、「RMK」で再会を喜び合ったのを思い出します。フェミニンだけど芯のある女性像をクリアに打ち出すクリエイションは、スッと心と頭に入ってくる。これからも「RMK」らしいクリエイションを楽しみにしています!

MY FAVORITE ITEM
フェイスポップ アイズ 01

やはり2017春の新作コスメ、ピンク×ベージュが印象的。アイシャドウもネイルもチークにリップとこれでメイクするだけで、やさしい気持ちになれる。目元にピンクかわいいよね。(2017年1月6日数量限定発売)

モードとかわいさの
バランスに脱帽!

木津 由美子

木津 由美子
「ハーパーズ バザー」編集長代理

徹底したコンセプトワークと付属チップに至るまでの製品開発力で、コンスタントにヒットを生むのもうなずける。感性と技術、モードとコンサバを絶妙に調和させた日本発グローバルブランドとして、今後も大いにワクワクさせてほしい。

MY FAVORITE ITEM
RMK Wカラーマスカラ 01

多くのブランドが黒と茶しか発売しないことに飽きていたころ登場、2色のダブルエンド、しかもビビッドな色を組み合わせたマスカラ。特にピンクやオレンジ、イエローといった鮮やかなラインアップに大満足。

メイクをして
新しい自分を楽しむ

吉田沙世

吉田 沙世
モデル

私が「RMK」を知ったのは10代のころ。ファンデーションが大好きでした。「RMK」はコスメだけでなく、女性の生き方にもフォーカスをしておしゃれをすること、メイクをして新しい自分を楽しもうという発想がファンに愛されているんだと思います。

MY FAVORITE ITEM
フェイスポップ パウダーチークス 02

肌にのせたときの艶にびっくり!テラコッタな色味が肌に自然になじんで健康的で美しい仕上がりにしてくれるので気に入っています♡ほんとうにオススメ!(2017年1月6日数量限定発売)

問い合わせ先
RMK Division
0120-988-271