国内・海外の最新ファッション&ビューティ・トレンドをはじめ、業界ニュースをいち早くお届け。最新コレクションやスナップ、キャリア情報まで、全てを網羅!

オスカー女優も認める京都発「NIWAKA」の美意識

2020/09/11

1_top_pc
1_top_sp
「アカデミー賞(Academy Awards)」を筆頭にアメリカ・ハリウッドを象徴するレッドカーペットやパーティーは、セレブリティーたちにとって実力を競う場であるとともに、大切なプレゼンテーションの場でもある。このような晴れ舞台でそうそうたる女優たちがまとい、世界中から熱い視線が注がれているのが京都発ジュエラー「NIWAKA(ニワカ)」のハイジュエリーだ。目が肥えた女優たちが、レッドカーペットの御用達ジュエラーとして「NIWAKA」を選ぶ理由は、日本が誇る繊細な感性と卓越したクラフツマンシップによる極上の美しさにある。アート作品のような存在感と華やかなエレガンスで、「NIWAKA」は女優たちのオーラを最高に際立たせる。

2_STYL1

2_item1
2_item2
92nd Academy Awards®
Laura Dern
助演女優賞/ローラ・ダーン
崇高なダイヤモンドの光をまとい
オスカー受賞
「アカデミー賞」3度目のノミネートにして初の栄冠に輝いたローラ・ダーン(Laure Dern)は、「ネットフリックス(NETFLIX)」オリジナル作品の「マリッジ・ストーリー(MARRIAGE STORY)」で助演女優賞を受賞。ビーズのフリンジ刺しゅうがシックな「エンポリオ・アルマーニ(EMPOLIO ARMANI)」のドレスに合わせ、藤の花に着想を得た“RENKA(恋香)”のダイヤモンドイヤリングが揺らめき輝く。想像上の花を表現した“KARAHANA(唐花)”のリングとブレスレットのレイヤードで、知的な女性らしさを演出している。ダーンは自身のインスタグラムで「NIWAKA」のジュエリーを「この上なくクラシックでエレガント」とコメントした。

世界最高峰の映画の祭典であり、“世界最大のファッションショー”とも称される「アカデミー賞」の授賞式で、トップの女優たちは2016年から5年連続して「NIWAKA」のハイジュエリーを着用している。今年は助演女優賞でオスカーを射止めたベテラン女優ローラ・ダーンが「NIWAKA」を指名した。16年に主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン(Brie Larson)、17年に助演女優賞を受賞したヴィオラ・デイヴィス(Viola Davis)に続く3度目のオスカー女優着用で、華やかな晴れ舞台で“幸運を呼ぶ”ジュエラーとして話題になっている。
3_ph1
89th Academy Awards®
Viola Davis
助演女優賞/ヴィオラ・デイヴィス
3_ph2
88th Academy Awards®
Brie Larson
主演女優賞/ブリー・ラーソン

目利きのセレブを魅了する
清らかなパールの輝き
最高品質のアコヤ真珠の中でも希少な“無調色”にこだわり、真珠本来の自然な色の美しさを追求する「NIWAKA」のパールジュエリー。ブランドの美意識を象徴したパールの白は清らかさや無垢であることを表し、神秘的な光沢と透明感をまとったパールジュエリーは最高のものを知るセレブを引きつけてやまない。

92nd Academy Awards®
Caitriona Balfe
カトリーナ・バルフ
神秘的なパールジュエリーで
優雅なスタイルを披露
「アカデミー賞」のレッドカーペットで、「NIWAKA」のパールジュエリーを着用した女優のカトリーナ・バルフ(Caitriona Balfe)。大きなリボンが華やかな「ヴァレンティノ(VALENTINO)」のドレスに、内側から光を放つようなピュアホワイトのパールを花のようにあしらったリングとイヤリングで往年のハリウッドを連想させるような優雅なスタイルを披露した。
4_STYL2

4_item1
4_item2

東京・銀座から世界に発信
国内最大規模の旗艦店をオープン
6_other_pc
6_other_sp
モダンに解釈した和のモチーフを至るところに施して、品格溢れるラグジュアリーな空間が広がる旗艦店。レッドカーペットで有名女優たちが着用したコレクションも多数扱う
世界展開を視野に入れたコンセプトストアとして、「NIWAKA」国内最大規模の旗艦店が今年2月、銀座二丁目にオープンした。5フロア724平方メートルの店内には、ファッションジュエリー、ブライダルジュエリー、ハイジュエリーが一堂にそろう。店舗のデザインは、その美しさや樹齢の長さからいにしえより日本人に好まれてきた藤の花の “藤棚”をメインコンセプトに、和のモチーフをモダンに再解釈した非日常の空間を演出。格子や障子などの伝統意匠を大胆に取り入れて、ブランド発祥の京都で受け継がれる“伝統と革新”の精神を体現している。

PHOTOS:GETTY IMAGES
TEXT:MAKIKO AWATA
問い合わせ
NIWAKA 南青山プレス
03-3796-0805