国内・海外の最新ファッション&ビューティ・トレンドをはじめ、業界ニュースをいち早くお届け。最新コレクションやスナップ、キャリア情報まで、全てを網羅!

いのち短し動けよ乙女! 今年こそスポーツ、始めてみませんか?

2020/02/28

top

top_tittle_pc
命みじかし動けよ乙女!
 2月24日発売号の「WWDジャパン」では、年に一度のスポーツを楽しむ女性にフォーカスした「ラン&フィットネス特集」を別冊付録とし、都内のジムを中心に配布も行っている。今年は“命みじかし動けよ乙女!”と題し、20ページにわたってさまざまな編集企画や昨今のスポーツシーンにおけるニュースやコンテンツを紹介しているが、本特設ページでは紙面と連動しその一部をお届けする。
top-sp

top_tittle_sp
命みじかし動けよ乙女!
 2月24日発売号の「WWDジャパン」では、年に一度のスポーツを楽しむ女性にフォーカスした「ラン&フィットネス特集」を別冊付録とし、都内のジムを中心に配布も行っている。今年は“命みじかし動けよ乙女!”と題し、20ページにわたってさまざまな編集企画や昨今のスポーツシーンにおけるニュースやコンテンツを紹介しているが、本特設ページでは紙面と連動しその一部をお届けする。

style_tittle
 夏に東京オリンピック・パラリンピックを控え、なんとなく「体を動かしたいな」と思っている女性も多いはず。そこで、比較的始めやすいランニング、ヨガ、ジムトレーニングの3種類のスポーツにフォーカス。タレントからモデル、OL、販売員、インストラクターまで、心身共に健やかな生活を送る10人の女性にそれぞれのマイスタイルについて語ってもらった。
style_pc
style_sp

style見出し
hoka one one

1.HOKA ONE ONE
RINCON / 1万4000円

極上の履き心地を追求する「ホカオネオネ」から、軽量かつクッション性に優れたロードカテゴリーモデル“リンコン”の新色がリリース。優しい風合いのミックスカラーと厚めのソールの組み合わせがかわいらしい。また、非対称デザインのスタイリッシュなシングルレイヤーアッパーや薄いタンで、片足わずか179g(24.0cm)と軽量ながら、驚くほどのクッション性を搭載している。

nike

2.NIKE
REACT INFINITY RUN / 1万6000円

「ナイキ」が“ケガの防止”に着目し、運動力学的効率とクッション性という2つのテクノロジーを掛け合わせた画期的なシューズ“リアクト インフィニティ ラン”。ロッキングチェアのような形状のヒールがスムーズな体重移動を促し、着地から蹴り出しまで軽やかな足運びを実現。ロングランだけでなく、インターバル、テンポ走やレースなど、ランニングの内容を気にせず履くことができる。

topo

3.TOPO ATHLETIC
PHANTOM / 1万8000円

2013年創業で、昨秋日本上陸を果たした「トポ アスレチック」による、ソフトなクッション性が特徴の“ファントム”。足の健康を重視し、本来の機能を引き出すために締め付けの少ない構造になっており、幅広に作られた足先がナチュラルな指の動きを可能にしたストレスフリーな設計。一方で、ミッドフットからヒールにかけては安定感と強固なフィット感を持たせ、俊敏な蹴り出しが可能になっている。

skechers

4.SKECHERS
GO RUN MAX CUSHIONING / 9900円

ランナーたちの間で密かに話題となっている「スケッチャーズ」の“ゴーランマックスクッショニング”は、その名の通り高い衝撃吸収で脚の負担を軽減してくれる。そして、ビギナーも安心の安定性を確保しながら超軽量で、軽快な走りを実感できる。また、1足目としても手を出しやすい“アンダー1万円”という価格も見逃せない。価格以上の性能が詰まった“、知る人ぞ知る”ニューカマーな1足だ。

asics

5.ASICS  
EVORIDE / 1万円

少ないエネルギーで足を楽に前に運ぶことができる独自の機能を搭載したランニングシューズシリーズに、軽量タイプの“エボライド”が誕生。ビギナーからコアランナーまでが、ランニングを長く楽しめるようにという思いで設計された。走行時のエネルギー消費を抑え、“走行効率”を高めた着地時の柔らかな感覚と共に、回転するような足運びが実感できる。

salomon

6.SALOMON
SONIC 3 BALANCE / 1万3000円

老舗山岳スポーツメーカーが、体のダメージを軽減することを考えて作ったランニングシューズシリーズの“ソニック 3 バランス”。着地時の振動を抑え、全体的なライド感を保ちながら脚の疲れを減らしてくれる。また初心者には心強い、足のガイダンスを導き出す軸設計をアウトソールに採用。バランスのよいスムーズな推進を実現し、より自然でストレスのない足の動きをサポートする。

puma

7.PUMA
SPEED 500 WOMENS / 1万2000円

「プーマ」の“スピード”シリーズの1足。独自設計の“プロパルジョンゾーン”がランナーの蹴り出しをサポートして一歩ごとにスピードを生み出し、ストライドを長く維持することを実現した。シューレースを自由な箇所に通して結ぶことができる、ユニークなテクノロジー“ネットフィット”を採用しているほか、なじみのある色使いなど、「プーマ」らしいカジュアルな1足になっている。

new balance

8.NEW BALANCE
FRESH FOAM TEMPO / 1万1900円

抜群の軽さと柔らかな走りが自慢の「ニューバランス」から、“フレッシュフォーム”シリーズの新作“フレッシュフォームテンポ”が登場。心地よい通気性とフィット性を実現するエンジニアードメッシュアッパー、ホールド性を高めるかかと部の“TPUカウンター”がフルマラソンからジョグまで幅広くサポートしてくれる万能型。また、カラーバリエーションが豊富なのも魅力的だ。

mizuno

9.MIZUNO
WAVE RIDER 23 / 1万2900円

「ミズノ」屈指のランニングシューズ“ウエーブライダー”から、アッパーデザインをリニューアルした3月発売予定の新色がお目見え。通気性に優れ、快適な履き心地を保ちつつサポート性も高めるメッシュアッパーに、高い衝撃吸収性のあるミッドソールとヒールを合わせる。ソールの溝を従来よりも増やすことで屈曲性も向上し、着地から蹴り出しまでの体重移動がよりスムーズになった。

brooks

10.BROOKS
GHOST 12 / 1万2500円

「米国で知らない人はいない」とまでいわれるランニングシューズブランドの「ブルックス」が、自慢のハイクッションソールを搭載した人気モデル“ゴースト”をアップデート。メッシュプリントのアッパーが改良され、軽量化に加えてフィット感と履き心地が向上し、高い伸縮性によるストレスフリーな素足感覚も健在だ。ゆっくりとしたペースで長い距離を走りたいという人にオススメ。

reebok

11.REEBOK
FOREVER FLOATRIDE ENERGY 2 / 9490円

宇宙靴開発のために生まれた素材を使用した、「リーボック」独自の軽量クッショニングテクノロジー“フロートライドエナジーフォーム”による汎用性の高いランニングシューズ“フォーエバーフロートライドエナジー2”。メッシュアッパーと相まって、履くだけでワンランク上のスピード感ある走りを体感できるはず。洗練されたデザインは、合わせるウエアも選ばない優れもの。

on

12.ON
CLOUDFLOW / 1万5380円

ソールの“クラウドパーツ”がアイコニックな“クラウドフロー”。「オン」屈指のオリジナルソール素材である“ヘリオンスーパーフォーム”が、着地の衝撃を推進力に変え、スピーディーな走りへと導いてくれる。また、独特のカラーリングも魅力的なメッシュアッパーを採用した軽量設計で、疲れにくく快適な履き心地が続く。ファッション業界にもファンが多い、注目のランニングシューズだ。

hoka one one
nike
topo
skechers
asics
salomon
puma
new balance
mizuno
brooks
reebok
on

interview_ph_pc

「表紙を飾った人気モデル・女優の泉里香が、“トレーニング女子”というのはご存知?CMで披露したあの驚きのくびれをはじめとするパーフェクトボディーは、日々のトレーニングの賜物。目覚めたきっかけや長続きの秘訣などはこちらからチェック」
interview_ph_sp
 「表紙を飾った人気モデル・女優の泉里香が、“トレーニング女子”というのはご存知?CMで披露したあの驚きのくびれをはじめとするパーフェクトボディーは、日々のトレーニングの賜物。目覚めたきっかけや長続きの秘訣などはこちらからチェック」
PHOTOS:WAKABA NODA(TRON)
STYLING:AINO MASAKI
HAIR & MAKEUP:TOMOKO OKADA(TRON)

sento_tittle

 野外でのランニングで寒風にさらされた後は、ランニングステーションでシャワーを浴びるのもいいけれど、やっぱり湯船で温まりたいもの。そんなランナーのわがままや願望に応える、昔ながらの風情も残しつつランニングステーションの機能も有する銭湯がこの数年で東京に増えてきている。近くのランスポットを目指すもよし、風呂上がりのコーヒー牛乳目当てでもよし、地元の人との交流でもよしーー銭湯ラン、始めてみませんか?

map

music_tittle
music_tittle_sp
 ランニング中に聴く音楽は、気分の上げ下げやペースの維持など必要不可欠なもので、ランナーなら誰しも一度は「すれ違ったあのランナーは、なにを聴いていたのだろう」と思った経験があるはずだ。そこでDJ、モデル、編集者の6人にご協力いただき、ランニング中のプレイリストを紹介してもらった。なお、これらのプレイリストは「WWDジャパン」の「スポティファイ(Spotify)」アカウントにて公開されているので、すぐにチェックできる。音楽と共に街を駆け抜けよう!
What is Spotify?

スウェーデンのスポティファイ・テクノロジーが運営する世界最大の音楽ストリーミングサービス。2008年に本国でサービスを開始し、現在では日本を含む世界79の国と地域で2億7100万人を超えるユーザーが利用する。5000万曲以上を無料で発見・管理・共有することができ、有料会員になるとオフラインでも音楽を楽しむことができる。

道が広くて気持ちがいい
ヨーロッパでの昼ランをイメージ
Licaxxx
DJ、編集者、ライター、「トウキョウ コミュニティー ラジオ」主宰者
1991年生まれ。中学・高校時代にバスケットボール部に所属していたこともあって、ただひたすらに走るより球があった方が動けるタイプ。基本的にランニングはランニングマシーンを使う室内派で、屋外でのランニングは海外に出向いたときが多い。週1で走る気はあるものの、現状は8㎞を月2のペース
四六時中千差万別に音楽を聴いていますが、ジムでのランニング時はテクノやハウスを聴いていて、クラブで踊れる音楽は走るときにも通じると思っています。海外滞在時は、街を眺めながら溶け込んだ気分で走りたいので、その土地に根付いたジャンルの曲を聴くことが多いです。今回は、道が広くて気持ちがいいヨーロッパでの昼ランをイメージした選曲で、日本だと皇居(走ったことないけど)が合うかもしれません。
早朝にキビキビ走れる
ハウスミュージック
Kotsu
DJ、グラフィックデザイナー
1995年生まれ。ハウス・ミュージック・コレクティブCYKのメンバーとしても活動し、東京を中心に4月の音楽フェス「RDC」など国内外で多数プレイ。普段からDJユースなハウスミュージックを好んで聴いている。高校時代は陸上部に所属し、800mをメインとする中距離選手として日々校庭で汗を流していた。現在は5kmを週1ペースで走る
ランニングは、早く起きられた休日の朝に体をほぐすために行うことが多いので、起き抜けの重たい体でもキビキビ動けそうなハウスミュージックをセレクトしています。自然の中よりも街でランニングしているときに聴きたくなる10曲で、どれもメロディーは心地よく、展開もわりとミニマルなので、徐々に体になじんでいくような感覚を分かってもらえるはずです。

USラッパーを中心に
テンションをキープ
植村麻由
モデル
1995年生まれ。現在出演中の「アマゾン ファッション エディトリアル」をはじめとする広告やブランドルック、雑誌など多方面で活躍するファッションモデル。体形維持も兼ねて、週1ペースで3~5kmをウォーキングを含みながら20~50分で走る。普段はヒップホップやR&Bを中心にロイル・カーナーやマック・ミラー、FKJなどを愛聴
普段はメロウでジャジーな心地よいヒップホップを聴くことが多いのですが、走るときはテンションを高めに維持したいので、USラッパーを中心とした楽曲を織り交ぜています。中でもチャイルディッシュ・ガンビーノ(Childish Gambino)の「3005」とフランク・オーシャン(Frank Ocean)の「Swim Good」はお気に入りで、締めのマック・ミラー(Mac Miller)の「Good News」もぜひ聴いてほしいです。
飽きるタイミングがなく
走るリズムと相性抜群
山本博史
「フイナム」副編集長、「フイナム ランニング クラブ♡」副部長
1978年生まれ。2004年創刊のウェブマガジン「フイナム」で副編集長を務めるかたわら、趣味のランニング好きが高じて「フイナム ランニング クラブ♡」を創立。副部長として、大会への参加など精力的に活動している。週に1~3回、1kmあたり5分半のペースで10~15kmを走る。フルマラソンの自己ベストは、18年の「東京マラソン」での3時間26分03秒
普段は何も考えず、ただただ曲をシャッフルしてランダムに聴いています。とはいえ、走るとなると流麗でリズムが心地よい曲がいいなと思いチョイスしたのが、このALTZのサードアルバム「Yell」。ハウスにテクノ、ゴアにアンビエントなどあらゆるジャンルがリズミカルにパッケージされているので、聴いていて飽きるタイミングがないし、走るリズムとも相性抜群です。

ラン中のメンタルの
ストーリー性を重視
荒川千絵
「ウィメンズヘルス」シニアエディター
1979年生まれ。中学時代はソフトテニス部に所属。ラケットを振るよりも走り込みの時間の方が多かったため、脚力とネバーギブアップの精神とボディーが育ち、フルマラソンの自己ベストは3時間39分。「ウィメンズヘルス」の公式インスタグラム(@womenshealthjp)IGTVで赤裸々お悩み相談「ちえとさわこの給湯室トーク」を絶賛OA中!
メンタルのストーリー性を重視し、かつ飽きないようにメリハリつけています。まずは、エモーショナルな気持ちへと意識を集中させてウォームアップ。2曲目は何も考えずにリズムだけをとり、3曲目で半端じゃないリズム感で苦しさから意識をそらせ、その後は邦楽の流行や、無心になり最後に自分を前向きに奮い立たせるものと、40~50分間走る状況を考えた8曲で構成しています。
学生時代を思い出し
モチベーションに
荻野大樹
「ハミングバーズ」編集長兼マーケティングプロデューサー
1980年生まれ。学生時代はバスケットボールやテニスといった球技種目中心に楽しみ、最近になって体力維持のためにランニングを開始。月に2~3回、4~8kmを1kmあたり7分のペースで走るいわゆるファンランナー。1児のパパで、娘の影響で最近は「アナと雪の女王」などディズニーの曲を聴きながら走ることも
学生時代からクイーン(Queen)が好きで、クイーンのライブLDを聴くために大学の図書館に足しげく通っていました(今の人にはLDが分からないと思いますが……)。1曲目の「I Was Born To Love You」をはじめ、ちょっと億劫な気持ちのときでも当時を思い出してモチベーションが上がり、走る気分にしてくれます。ラストは言わずと知れた「Bohemian Rhapsody」で、締めにふさわしい1曲です。