ファッション

ライフスタイル提案に必要なコスメの売り方

 3月3日、「RMK」と「THREE」の店舗がルミネ有楽町1階にオープンした。両ブランドによると、オープン直後1週間の売り上げは、「RMK」は予算通り、「THREE」は予算比2倍以上で推移しているという。あまり大きく報じられていないが、「RMK」のカウンターがルミネに出店するのはこれが初めて。この純国産のビッグブランド出店にビューティ業界の関係者は「ついに“百貨店コスメ”の代表格の『RMK』までもがルミネに出店する日が来てしまっ た。これからコスメブランドの駅ビル出店はさらに加速する」と感じたことだろう。

 ルミネは2009年ごろから「RMK」の導入にトライしてきた。それは、ルミネの顧客から一番要望のあったブランドであり、洋服との買い回りから考えても、館にあってしかるべきだった。それまでもルミネは、館におけるコスメの重要性を認識しており、07年ごろから総合美容サイトの「@コスメ」の実店舗をオープンしたり、当時はまだ早かったビーガンという考え方を取り入れた、メイクアップコスメ「B」、09年には「M・A・C」「ジルスチュアート ビューティ(JILL STUART BEAUTY)」を導入したりするなど、コスメブランドを積極的に取り入れていた。そして次こそは「RMK」と考えていた。しかし、百貨店流通の壁は厚く、ルミネは伊勢丹の“売り場ごと”導入するという方法をとった。

 「RMK」は12年3月、「イセタンミラー」に入店するという形で登場。他社も「阪急フルーツギャザリング」「コスメーム」「インクローバー」といった新業態を続々とオープンし、コスメのセレクトショップも当たり前になった。4月2日リニュアルオプンの「ルクアイーレ」(大阪三越伊勢丹跡)には、「イセタンコスメティックス」をはじめ、「イセタンメンズスタイル」、「イセタンアーバンマーケット」などの小型店を出店。百貨店、SC、駅ビルなどといった業態間の垣根はどんどんなくなっていく。

次ページ:進むファッションとコスメのミックス提案▶

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。