STORY2

GET GLOWING SKIN

新しい服に袖をとおした朝。大切なひととのおしゃべり。旅先で夕暮れを目にしたとき。日々の何気ない暮らしの中で、ふいに心に光が射す瞬間がある。それはきっと、人生をもっと輝かせるためのインスピレーション。女性としての自信も、自分らしい生き方も、すべてはそこからはじまるから。肌はコットンにたっぷりと含ませた美容液で、丁寧に丹念に磨きをかける。どこまでもシンプルでわたしらしい、他の誰にもまねのできないニューベーシック。背筋をしゃんと、伸ばしたくなる。

ひんやりと冷たい空気に次の季節の気配を感じて、シャツを新調した。ぴんっと心地よいたたずまいに袖をとおせば、細胞のひとつひとつが冬眠から目醒めてゆくようだ。起き抜けの自分を奮い立たせたくて、淡いブルーの美容液に手を伸ばす。小気味よくボトルを振って、さあ、春がはじまる。

ひんやりと冷たい空気に次の季節の気配を感じて、シャツを新調した。ぴんっと心地よいたたずまいに袖をとおせば、細胞のひとつひとつが冬眠から目醒めてゆくようだ。起き抜けの自分を奮い立たせたくて、淡いブルーの美容液に手を伸ばす。小気味よくボトルを振って、さあ、春がはじまる。

  • まっさらな服には、まっさらな肌がよく似合う。似合う、というより必要なのだ。少しでもくすんだ顔色では、白の放つ圧倒的な明度に気持ちが負けてしまうから。だからこそ、“白を着る日の肌磨き”は譲れないわたしのイニシエーション。肌も心もぴかぴかにして、堂々と、胸を張っていられるように

    まっさらな服には、まっさらな肌がよく似合う。似合う、というより必要なのだ。少しでもくすんだ顔色では、白の放つ圧倒的な明度に気持ちが負けてしまうから。だからこそ、“白を着る日の肌磨き”は譲れないわたしのイニシエーション。肌も心もぴかぴかにして、堂々と、胸を張っていられるように

  • 春じたくをはじめたら、青い空に会いたくなった。冬のそれとはどこか違う、優しく柔らかなスカイブルー。その下でそよ風にふかれる真っ白なシャツを想い、わたしは目を伏せてひそかにほくそ笑む。なめらかな動きに身を委ね、澄んだ光と溶けあって。美しい季節のはじまりの夢を見る。

    春じたくをはじめたら、青い空に会いたくなった。冬のそれとはどこか違う、優しく柔らかなスカイブルー。その下でそよ風にふかれる真っ白なシャツを想い、わたしは目を伏せてひそかにほくそ笑む。なめらかな動きに身を委ね、澄んだ光と溶けあって。美しい季節のはじまりの夢を見る。

A NEW PRODUCT

コレクチュールエサンシエルn

どこまでもなめらかでラディアンスマットな肌へと導く“水磨き美容液”。皮脂吸着パウダーがかなえるのは、テカリやベタつきとは無縁の涼しげなさらさら感。使うたび、ふっくらと整った美しい肌キメを実感できるはず。

「コレクチュールエサンシエルn」(医薬部外品)170ml 8500円

MORE DETAIL

「コレクチュールエサンシエルn」(医薬部外品)170ml 8500円

MORE DETAIL

シャツ3万4000円/ウジョー(ブランドニュース03-3797-3673)、パンツ2万7000円、バングル2万1000円、リング1万3000円/全てマーガレット・ハウエル(アングローバル03-5467-7864)、シューズ7万3000円/ビューティフル シューズ×ハイク(ボウルズ03-3719-1239)

PHOTOS&MOVIE:KODAI IKEMITSU(TRON)
STYLING:MASAKO OGURA(Y’S C)
HAIR:HORI(BE NATURAL)
MAKEUP:MIKI ISHIDA(SHISEIDO)
MODEL:MONIKA TACHIBANA(IMAGE)
TEXT:YUKIKO OGAWA

OTHER STORIES

UNEXPECTED ENCOUNTER

GET GLOWING SKIN

BE THE ONE

FULL OF CONFIDENCE

BACK TO HOME

A NEW LIGHT