WWD

10th Anniversary john masters organics

スタイルのある人は美しい
MAKI NOMIYA

今年、日本上陸10周年を迎えたオーガニックヘアケアのパイオニア「ジョンマスターオーガニック(JOHN MASTERS ORGANICS)」。本企画では10周年を記念して10人の「スタイル」を公開。ブランドが誇るスタイリングアイテムを使用したヘアスタイルにも注目!

シンガーとして、ファッションアイコンとして、いつの時代も憧れの的である野宮真貴。洗練されたフォルムが印象的な、モードなクラシックヘアを披露してくれた。

lady in red

赤い口紅はね、気持ちを上げてくれる重要なアイテムなんです。いい意味での緊張感だったり、女性としての意識も持てると思うの。例えば、パリの街を歩いているとおしゃれなマダムをたくさん見かけます。そして必ずといっていいほど、赤いルージュを素敵につけているのよね。くすみがちな肌にも映えるから、大人こそ赤が似合うと思うんです。日本ではなかなか、赤い口紅をつけることに勇気がいるのかもしれないけれど、きっかけがないだけかもしれない。毎日じゃなくてもいいんです。試してみたら、いつもよりちょっとおしゃれして出かけたくなったりするのかなと思います。赤い口紅って、前向きになれる”魔法”なんですよね。

ever evolving

長く歌い手でいることで、変にこなれたくないなと感じています。音楽が好きなんですよね。だからこそ、同じ歌も、何百回と歌ってきた歌も、毎回フレッシュな気持ちで歌おうと意識しているんです。そしてね、歌える限り歌い続けたいなって。おしゃれに関しては、なるべく客観的に自分を見るようにしています。昨日まで似合っていた服や、「これさえ身につけておけば安心」というアイテムも、ふと「何か違う?」と気付くこともあるんですよね。そこをきちんと、ジャッジできるように。そして、そのちょっとずつの変化に合わせていくことを大切にしています。怖がらずに、アップデートすることで、新しい自分を発見できることもあるんじゃないかしら。

interview

野宮真貴 with

冨沢ノボル

冨沢ノボル(以下、T):真貴さんとは、CDジャケットやライブを始め、いろんなお仕事をご一緒させてもらっているよね。

野宮真貴(以下、N):初めて打ち合わせしたのは、私がピチカート・ファイヴのヴォーカルをしていた頃で。

T:1995、6年ごろからかな。

N:でも、何を話したか覚えてないね。それからもう20年。ワールドツアーの同行をお願いして。ヘアメイクさんとしてだけでなく、出演もしてもらっていたのよね。

T:そう、被りものをさせられて!

N:ノボルさん、クマの着ぐるみを着て踊ってね。それで、楽屋に戻るとまた、私のメイクを直してくれて。

T:もうね、大変なんですよ。胸から下がクマの状態で、汗だくになりながらメイクして(笑)。

N:長く一緒に仕事させてもらっているからこそ、30代から50代の私の肌や髪の変化に、ヘアメイクでどう応えてもらっているのかな?って、前から聞きたかったの。

T:真貴さんと一緒に、自分も歳を重ねて腕も上がっている、ということもあるんだけどね。今日のヘアは、後頭部に量感をもたせて、ワンピースとのバランス感を考えたかな。髪は、どうしても年々細くなっていくからこそ、ボリュームがあると、若々しく見えるよね。フォームを使って、根元から立ち上げることで、きれいな丸みをキープできるんだよね。

N:オーガニックだから、根元付近に付けても安心できる、というのもうれしかったわ。

T:メイクはね、年齢が上がっていったらきちんとしていった方がいいよね。ゴテゴテする必要はないんだけど。

N:何を気をつけたらいいの?

T:粉っぽさは厳禁!艶が大事。真貴さんに関して言えば、いつでもおしゃれな服を着こなせる肌やスタイルをキープしてますけどね。

N:私、運動をほとんどしていないの。昔通ったピラティスも、ジムも長続きしなかったな。今は日常の中で、できるだけ階段を使うとか、良い姿勢で早足で歩くとか、そんなちょっとした意識でも効果があると思います。

T:そうなんだ。すごくシンプル!

N:あとは、もう自己暗示!私は「太らない!」って(笑)。

Maki Nomiya
歌手。90年代に「ピチカート・ファイヴ」のヴォーカルを担当。渋谷系の女王として人気を集める。ソロ活動やエッセイなど、多方面で活躍する。

Noboru Tomizawa
ヘアメイクアーティスト。アート作品のような世界観のあるヘアメイクも国内外から注目を集め、雑誌、広告やPV、コレクションで活躍。

VOLUME CONTROL

styling tips

根元付近に、「ボリューマイジングフォーム」をもみ込み、ブローしながら浸透させる。今回は逆毛を立てることで、よりボリューム感を強調。仕上げに「ヘアスプレー」を吹きかけ、スタイルキープと艶感をプラス。
※表示価格は、すべて税抜きです