国内・海外の最新ファッション&ビューティ・トレンドをはじめ、業界ニュースをいち早くお届け。最新コレクションやスナップ、キャリア情報まで、全てを網羅!

トップ > フォーカス > 【インタビュー】発行部数29万部!快進撃を続ける「クラッシィ」人気の秘訣(PR)

【インタビュー】発行部数29万部!快進撃を続ける「クラッシィ」人気の秘訣(PR)

INTERVIEW
2016/06/27

 
STORY-2

 

 2015年5月号が創刊以来、最高発行部数と最高実売部数を記録し、快進撃を続ける女性誌が「クラッシィ」だ。小泉里子をカバーモデルに、旬なファッションの情報を懇切丁寧に解説。アラサーをコアターゲットにしながらも、“品のよさ”と“女らしさ”を大事にしつつ、今っぽい着こなしを取り入れたい幅広い年代の女性の支持を集めている。その人気の秘密は何か?就任6年目の今泉祐二・編集長に聞いた。
 
 
CL_H

MAGAZINE DATA


創刊 : 1984年4月
発行 : 光文社
発行日 : 毎月28日
発行部数 : 29万534部(2015年10〜12月印刷証明部数)
定価 : 750円
コンセプト : “今の気分”が満載のスタイルをたゆみなく提案する女性ファッション誌
読者年齢層 : 30代前半が中心

 

「クラッシィ」公式サイト

 

WWDジャパン(以下、WWD):快進撃を続ける「クラッシィ」だが、あらためて、媒体のコンセプトは?

今泉祐二・編集長(以下、今泉):最近考えているのは、オシャレが苦手な人のためにものすごく詳細に、シンプルに解説するファッション誌です。インスタグラムなどのSNSのオシャレな人を見て、そのファッションを消化できる人というのは、ほとんどいないのではないかと考えていて、どこで買えばいいのか、どうまねしたらいいのかなどを、分かりやすく丁寧に指南するようにしています。今のファッションはシンプルなだけに、着こなし方が重要です。しかし、襟の立て方や裾のロールアップを何回すればいいとか、そういう細かいことは、なかなか調べがつかないし、情報を探し出して、自力で消化するのも大変です。その時々に合った新しいブランドや着こなし、そういうことの正解を視覚化、言語化して、分かりやすく表現することをコンセプトにしています。

WWDジャパン:具体的な読者像は?

今泉:わざとぼんやりさせています。一応、結婚するためのハウツー的な読み物や、モテ企画はファッションやビューティでも入れたりしていますが、28歳以上は全ての女性がターゲットというスタンスです。実際に、「母親が読んでいるので知っている」という新入社員がいたりして、40代後半から50代女性の読者もいます。結婚している女性が3割くらいを占めていますし、「ヴェリィ」と併読している人もいるので、読者には子どもがいる人も少なくないです。明日着る服を探している女性に向けて、分かりやすい提案を心掛けています。

 
 

【TOPICS1】 通販マガジン企画「クラッシィ クローゼット」が好調

classy_topics_1

「クラッシィ クローゼット」トップページ

 2012年にスタートし、春と秋に実施しているウェブ連動の通販マガジン企画が「クラッシィ クローゼット」だ。編集部が企画するオリジナルブランド「スリースクエア」や、人気ファッションブランドとコラボした限定アイテムは、トレンド感がありつつ、シンプルで着やすいアイテムが充実。すぐに完売するアイテムや、追加生産を繰り返すヒット商品も生まれている。

 

次ページ:ターゲットが28歳以上の理由とは? ▶