国内・海外の最新ファッション&ビューティ・トレンドをはじめ、業界ニュースをいち早くお届け。最新コレクションやスナップ、キャリア情報まで、全てを網羅!

創業110周年を迎えた「サムソナイト」で魅せるスタイルセッション【松坂桃李編】

2020/10/06

  創業110周年を迎え、
進むその先の未来へ
創業110年の伝統とともに常に進化し続ける「サムソナイト」。Modern×Chronicleから名付けられた“MODERNICLE(モダニクル)”はブランドイメージを体現するような機能美を備えたシリーズだ。年齢を重ね、演技に深みを増して進化していく俳優、松坂桃李が“モダニクル”の魅力を語る。
俳優・松坂桃李と旅とサムソナイト
“モダニクル”の印象を教えてください。
まず、驚いたのが滑らかで心地よい手触り。レザーのアイテムは重厚感がある反面、触ったときに硬さや武骨さを感じることが多かったのですが、“モダニクル”はその印象を変えてくれました。そしてもうひとつ驚かされたのが、はっ水加工で水にも強いこと。ビジュアル、質感、機能性すべてに妥協していないと感じました。
バックパックを持った印象は?
とにかく軽い! この軽さなら仕事でPCや資料を入れても負担にならないし、出張や旅行でも使いやすいですね。個人的にはファスナーのスムーズな開閉と、雨でも水の侵入を防ぐ止水仕様なのがツボ。僕はファスナーの滑りのよさが購入ポイントなので、これなら合格です(笑)。
「サムソナイト」の印象を教えてください。
創業110周年と聞いて、あらためて世代を超えて愛されるブランドという印象です。110年にわたって支持される理由は、ブレないもの作りに対する信頼だと思います。
110年にわたり進化してきた「サムソナイト」ですが、俳優として自身の進化を感じることは?
デビューして12年目なので、「サムソナイト」に比べればまだまだですが、少しずつ進化中。昨今、エンタメを取り巻く環境が劇的に変化して、僕たち俳優も作品に対するアプローチ方法が変わってきました。僕は、俳優とはただ演じるだけでなく、完成した作品を観てくださる方に届けるパイプ役だと思っているので、その信念はブレずに時代に合わせたアプローチに挑戦し続けたいですね。
サコッシュはどんなシーンで使いたいですか?
実は、ちょうどサコッシュが欲しいと思っていたところなんです。プライベートでは財布とスマホだけポケットに入れて出かけるタイプだったのですが、最近は出先で私物をテーブルに置くのは少しちゅうちょしてしまって。でも、大きなバッグを持つほど荷物もないし、という僕にはサコッシュがぴったり。“モダニクル”のサコッシュなら、シンプルでどんなファッションにも合うし、ネイビーは好きな色なので本気で欲しいと考え中です。
バッグを選ぶ際のこだわりは?
ファスナーのスムーズな開閉です。細かなところほど、そのブランドのこだわりが詰まっていると思うので。壊れるまで使い続ける派なので丈夫さも重視しますね。
“モダニクル”の印象を教えてください。
まず、驚いたのが滑らかで心地よい手触り。レザーのアイテムは重厚感がある反面、触ったときに硬さや武骨さを感じることが多かったのですが、“モダニクル”はその印象を変えてくれました。そしてもうひとつ驚かされたのが、はっ水加工で水にも強いこと。ビジュアル、質感、機能性すべてに妥協していないと感じました。
バックパックを持った印象は?
とにかく軽い! この軽さなら仕事でPCや資料を入れても負担にならないし、出張や旅行でも使いやすいですね。個人的にはファスナーのスムーズな開閉と、雨でも水の侵入を防ぐ止水仕様なのがツボ。僕はファスナーの滑りのよさが購入ポイントなので、これなら合格です(笑)。
サコッシュはどんなシーンで使いたいですか?
実は、ちょうどサコッシュが欲しいと思っていたところなんです。プライベートでは財布とスマホだけポケットに入れて出かけるタイプだったのですが、最近は出先で私物をテーブルに置くのは少しちゅうちょしてしまって。でも、大きなバッグを持つほど荷物もないし、という僕にはサコッシュがぴったり。“モダニクル”のサコッシュなら、シンプルでどんなファッションにも合うし、ネイビーは好きな色なので本気で欲しいと考え中です。
バッグを選ぶ際のこだわりは?
ファスナーのスムーズな開閉です。細かなところほど、そのブランドのこだわりが詰まっていると思うので。壊れるまで使い続ける派なので丈夫さも重視しますね。
「サムソナイト」の印象を教えてください。
創業110周年と聞いて、あらためて世代を超えて愛されるブランドという印象です。110年にわたって支持される理由は、ブレないもの作りに対する信頼だと思います。
110年にわたり進化してきた「サムソナイト」ですが、俳優として自身の進化を感じることは?
デビューして12年目なので、「サムソナイト」に比べればまだまだですが、少しずつ進化中。昨今、エンタメを取り巻く環境が劇的に変化して、僕たち俳優も作品に対するアプローチ方法が変わってきました。僕は、俳優とはただ演じるだけでなく、完成した作品を観てくださる方に届けるパイプ役だと思っているので、その信念はブレずに時代に合わせたアプローチに挑戦し続けたいですね。
松坂桃李(まつざか・とおり)
2009年、ドラマ「侍戦隊シンケンジャー」で俳優デビュー。数々の映画やドラマ、舞台ほかで活躍し、19年に映画「新聞記者」で第43回「日本アカデミー賞」最優秀主演男優賞受賞。公開待機作として映画「あの頃。」「空白」「いのちの停車場」「耳をすませば」を控える

(写真上、中上)バックパック“モダニクル”(ブラック)3万7000円/サムソナイト(サムソナイト・ジャパン)
コート7万9000円、ジャケット5万9000円、パンツ3万9000円/すべてエイトン(エイトン青山03-6427-6335)、シャツ2万5000円/ブラームス(ワンダリズム03-6805-3086)、シューズ3万9000円/フットストック・オリジナルズ(ギャラリー・オブ・オーセンティック03-5808-7515

(写真中下、下)サコッシュ“モダニクル“(ネイビー)1万6000円/サムソナイト(サムソナイト・ジャパン)
ブルゾン5万9000円/スタジオ ニコルソン(キーロ03-3710-9696)、シャツ2万4000円、パンツ3万6000円/ともにブラームス(ワンダリズム03-6805-3086)、シューズ4万5000円/フット・ザ・コーチャー(ギャラリー・オブ・オーセンティック03-5808-7515

軽量設計の定番シリーズ“モダニクル”の魅力
「サムソナイト」×「グーグル」コラボ商品が発売
Jacquard™byGoogle を搭載したシリーズ“Konnect-i(コネクトアイ)”のバックパック2型(2万4000円、2万5000円)が10月6日に限定店舗で発売。ショルダーストラップにJacquared™ Tagを装着してスマートフォンとペアリングすると専用アプリと連動し、タッチするだけでナビゲーションやプレイリストの再生などが可能に。
PHOTOS:RYOSUKE MAEZAWA(SEPT)
STYLING:ARATA KOBAYASHI(UM)
HAIR & MAKEUP:KOICHI TAKAHASHI(NESTATION)
TEXT:MAIKO NAKAYA
問い合わせ先
サムソナイト・ジャパン
0800-12-36910