ファッション

ゆうこすがプロデュース ウィゴーから大人のモテるルームウエアブランドが登場

 ウィゴーは、モテクリエイターのゆうこすこと菅本裕子をプロデューサーに迎えた新ルームウエアブランド「レブユー(REVEYU)」を立ち上げた。12月14日から公式オンラインショップで販売する。

 ブランド名はフランス語で“夢”を意味する“REVE”と、ゆうこすとあなたを意味する“YOU”をつなげた造語で、ゆうこすが考える“自分のためだけでなく、相手の目線も意識した大人のモテルームウエアブランド”をコンセプトに掲げる。アイテムはトップス(3990円〜)、ボトムス(4999円〜)、ワンピース(6999円)などのアパレルアイテムから、ソックスやポーチなどの雑貨までをそろえる。色や素材、カッティングや丈感などにゆうこすが考える“きゅん”とするモテの要素を加えた。

 ブランドデビュー当日には、東京・渋谷のトランク バイ ショウトウ ギャラリーに1日限りのポップアップショップをオープンする。アイテム購入者を対象に100人限定で、ゆうこす本人との撮影会を予定している。

 ゆうこすは「着る人だけでなく、一緒にいる人も“きゅん”とするようなルームウエアを作ってみたいという夢が実現した。ゆうこすのモテクリエイティブの集大成となるコレクションになったと思う。かわいいと思われたい、かわいくなりたい、そんなすべての女の子を応援する存在として『レブユー』を届けられればうれしい」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら