ビューティ

NYに誕生した“世界一面白い店舗”「ショーフィールズ」 海外ビューティ通信ニューヨーク編

有料会員限定記事

 世界に目を向けると日本とは異なる美容トレンドが生まれている。そこで、連載「海外ビューティ通信」では、パリやニューヨーク、ソウル、シンガポールなど、7都市に住む美容通に最新ビューティ事情をリポートしてもらう。

 インターネット販売が拡大してリアル店舗離れが加速し、NYではバーニーズ ニューヨークが倒産するなど従来型のリテールが苦戦を強いられている。そんな中で、インターネットと実店舗を融合した今までにない“リテール・シアター”が登場し、話題を集めている。それは昨年12月にマンハッタンの南西部、ノーホー地区にオープンした「Show fields(ショーフィールズ)」だ。4階建て(総面積約1366平方メートル)のレンガ造りの建物は、一棟全てがショールーム兼ショップになっていて、ファッションやコスメの個性的なD2Cブランドのポップアップストアや、講演などを行うロフトスペース、アート展示スペース、カフェなども併設する。(この記事はWWDビューティ2019年11月14日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1186⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら