ニュース

アートディレクターのステレオテニスが“古き良き眼鏡店”をプロデュース

 アートディレクターでグラフィックアーティストのステレオテニス(STEREO TENNIS)が、ビンテージ眼鏡店「グッド オールド オプティシャンズ(GOOD OLD OPTICIAN’S)」をeコマース中心にスタートした。ステレオテニスの出身地である宮崎県都城市で同級生が2代目社長を務める老舗の都城中めがね店との共同運営。同店の倉庫から大量に見つかった1970年以降のデッドストックやビンテージアイウエアをセレクトして販売している。

 ステレオテニスは、「サーティワンアイスクリーム」「ULTRA JAPAN」のグッズデザイン、「ギャップ(GAP)」「東京ガールズコレクション2018」のメインビジュアルの制作など数多くのアートディレクションを手掛けている。ビンテージ眼鏡店を始めたことについてステレオテニスは、「私はアイウエアが好きで約50本所有している。倉庫に眠っていたビンテージアイウエアは希少で価値が高いものが多く、状態が良い商品を販売しようと思いハマってしまった。SNSの反響が大きく、全国から問い合わせがある」と話す。取り扱いブランドは「レイバン(RAY-BAN)」「カザール(CAZAL)」「ローデンストック(RODENSTOCK)」のほか、ファッションブランドも多く含まれる。実際に手に取ってみたいという要望が多く、先ごろ東京でポップアップショップも開いたが、10月15日にも実施する。

■「GOOD.OLD.OPTICIAN’S」東京展示会
日程:10月15日
時間:13:00~21:30
場所:TANGRAM-Hair Salon-
住所:東京都渋谷区上原1-1-23 auxビル2階(山手通り沿い)