フォーカス

夏の疲れを解放する、バスタイムの活用術4選プラス、快適睡眠術1選

 今年の夏も暑かったですね。終わりが見えたのも束の間、10月に入っても30度を超える日もあって、とにかく長かったです。厳しい暑さに冷房、高い湿度……。過酷な夏は体力を蝕み、外的環境によるストレスで自律神経の機能をも狂わせる場合すらあります。“夏バテ”という言葉がありますが、夏の疲れが出やすくなるのは、夏だけに限らず、季節の変わり目でも多く出ます。

 そこで、頼りにしたいのが入浴です。入浴によって得られる温熱、水圧、浮力の作用は夏の疲れや冷えだけでなく、ストレスの解消も導いてくれます。バスタイムを利用したリフレッシュ法は、手軽に取り入れやすいところでしょう。

 都市生活研究所内にある風呂文化研究会によると、気持ちを鎮めながら緊張を緩和させる、バスによるリラクセーションのポイントは5つあり、温湯・湯量・時間・室温・姿勢と言います。要は体に負担を与えずに芯から温まるぬるめの湯で、体に無理のない、みぞおちほどの浅い湯量に、できるだけ手足を伸ばした姿勢をとりながら20~30分かけてゆっくり浸かること。これがベストなリラクセーション方法のようです。そんなバスタイムでのリラックスをさらにランクアップさせるのが、入浴剤などのアイテム。多忙な中でもベストなコンディションに手軽に整えられるバスタイムを彩る、最新アイテムをご紹介します。

一日の疲れを取り払い、
リフレッシュさせてくれる
「クナイプ」のバスソルト

 19世紀末にドイツのセバスチャン・クナイプ神父が植物や水などの自然の生命力に着目して誕生した、ハーバルブランド 「クナイプ(KNEIPP)」。以来、植物(ハーブ)の力を最大限に活かした商品づくりを貫いている老舗ブランドです。最新作のバスソルトにも2億5000万年前の古代海水と独自の伝統的な製法で精製した天然岩塩をベースに、ローズマリーとタイムから抽出した天然植物成分を配合していて、爽やかな香りで包み込んでくれます。バスソルトをバスタブに入れると、瞬時にグリーンへと変化し、そのカラー変化にもバスタイムの気分が上がります。

爽快な香りで
心身をリフレッシュ! 
「ヴェレダ」のボディーウォッシュ

 しっとりとした洗い上がりが乾燥の進む季節に嬉しい、「ヴェレダ(WELEDA)」のクリーミーボディーウォッシュシリーズ。その肌を優しく洗い上げる処方はそのままに、冬季限定の香りが限定で登場します。植物由来の低刺激洗浄成分をベースに、ピュアなオーガニックゴマ油を約11%配合していて、100%天然由来成分だけで構成するモイストリッチ処方を採用し、肌の潤いを逃さずしっかり洗浄してくれます。香りは、静謐なヨーロッパの森に漂う清らかなモミに、軽やかなラベンダーをブレンドしていて癒し気分が満載。バスタイムに広がるフレッシュな香りは、清新な気を吹き込んでくれるかのようです。

「メルヴィータ」から
睡眠中にボディーケアする、
新発想のシリーズが登場

 日本は、睡眠時間が世界で少ない国の一つと言われています。「メルヴィータ(MELVITA)」の新発想シリーズは、眠り始めの90分に深く眠ることに着目。“寝ている間に痩せやすい体をつくる”をコンセプトにしたボディーケア シリーズで、3アイテムが11月と来年1月に発売されます。穏やかな眠りへと働くオーガニックのラベンダーオイルに、筋肉の炎症を緩和させるアルニカオイル、アーユルベーダでは浄化作用に期待するセサミオイルの3種を共通成分として配合しており、最初に発売する「リラクセサンス バスオイル」は、さらに体を温めることで代謝アップを狙い、心身の緊張を解放するという。38~40度のぬる目の湯を張ったバスタブに10~20分ほど体を沈めるのが効果的。人生の3分の1をも占めると言われる睡眠は、休息するためのものだけでなく美を育む時間でもあり、その前の入浴の質はその睡眠の質を高めてくれそうです。

バスタイムを長く
楽しむための切り札
「ディアマユコ」のバスピロー

 「もちもちでふわふわ」、これが私の第一印象。心地よさを追求した「ディアマユコ(DEAR MAYUKO)」の人気アイテム、バスピローに新柄3種が登場します。ストローのような細かいパルプ素材のソフティルを、ストレッチ素材で包み込んだバスピローは程よい弾力を持ち、水切れの良さや抗菌効果も配慮されています。使い方は簡単で、バスタブの縁に置き、頭や首周りに当てるだけ。湯を吸ったバスピローは、程よい暖かさと重さになることで、快適なバスタイムが過ごせます。使用後は、水気を十分絞り、風通しの良いところに干すだけでOK!この手軽さも魅力です。

バスタイムだけじゃない、就寝時は
「ザ パブリック オーガニック」
ファブリックミストをひと吹き

 夜の入浴後、ほとんどの人が次に行うことと言えば就寝だと思います。入浴で高めた質が、睡眠にも大きく影響しそうですよね。そこでさらに睡眠の質を高めてくれるアイテムが登場しました。カラーズが手掛ける「ザ パブリック オーガニック(THE PUBLIC ORGANIC)」の新シリーズ、寝具用ファブリックミストです。同シリーズは、専門医の白濱龍太郎による睡眠の分析、専門家の塩田清二が香気成分の選定と効果測定をそれぞれ行い、カラーズの植物療法士が精油ブレンドを担当した“本気”のミストです。心に作用することに考慮した全5種には、鎮静作用のあるAOP認証を取得したトゥルーラベンダーと、睡眠誘発作用を示す屋久島産スギ精油を配合しています。中でも、「スーパーディープナイト ホリスティック精油ピローミスト レストフルスリープ」は、疲れの出やすい季節の変わり目はもちろん、眠っても疲れがとれないという時にも頼りにしたいアイテムで、ベルガモットとユーカリの2種の精油をブレンドした、爽快さのある香りで疲れた心身をレリーフしてくれます。

渡部玲:女性誌編集部と美容専門の編集プロダクションに勤めた後、独立。2004年よりフリーランスの編集者・ライターとして雑誌やウェブなどの媒体を中心に活動。目下、朝晩のシートマスクを美容習慣にして肌状態の改善を目指している