ファッション

米国人デザイナー初、ラルフ・ローレンが英国の名誉ナイト勲章を受章

 デザイナーのラルフ・ローレン(Ralph Lauren)は、ファッション業界への貢献が評価され、名誉最優秀英帝国勲章KBE(ナイト・コマンダー)を米国人ファッションデザイナーとして初めて受章した。バッキンガム宮殿で行われた非公開の叙勲式でチャールズ皇太子殿下から名誉ナイト勲章が授与された。

 今後、同氏には名前の後に「KBE」の称号を任意で添えることができる。英国の叙勲制度は国家に対する並外れた功績や尽力を顕彰するもので、英国籍以外の人も対象となる。最優秀英帝国勲章は1917年に設立された。

 ラルフ・ローレンはこれまで、1986年にアメリカ人デザイナーとして初めてパリに路面店をオープンしたほか、アメリカファッション協議会(COUNCIL OF FASHION DESIGNERS OF AMERICA)からウィメンズウエア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー、メンズウエア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー、さらに昨年50周年のキャリアをたたえられてCFDAメンバーズ・サルートなどを受賞している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら