ファッション

カシオがアシックスと提携 「G-SHOCK」を使いランナーの情報を収集

 カシオ計算機は、“一人一人に合った最適なランニング体験の提供”をテーマにアシックスと提携する。

 カシオ計算機の「G-SHOCK」やモーショントラッカーを用いてランナーの心拍数や歩数などの情報を収集し、21の項目と照らし合わせてフォームを可視化する。アシックスが持つランニングに関する豊富なデータを生かし、ランナー個々の実力や走り方に適したフォームの指導やアシックスのランニングシューズの提案を行う。

 アシックスは2016年に、フィットネス・トラッキング・アプリ「ランキーパー(RUNKEEPER)」を運営する米IT企業フィットネスキーパー社を約8億5000万ドルで買収しており、そこに蓄積されたデータも活用する。

 カシオ計算機の広報担当者は、「20年度から順次サービスを提供したい。海外展開も視野に入れる」と話す。ランニングだけでなく、最大限に効果を引き出すためのウオーキングや疲労回復、睡眠の質の向上についても助言するという。

 耐衝撃性をはじめとする「G-SHOCK」の高い機能性は世界に知られるところで、片やアシックスは本格派スポーツに強みを持つ。ウエアラブル端末では米アップルの“アップルウオッチ(APPLE WATCH)”などが先行するが、「日本企業同士がタッグを組み、互いの強みを生かしながらオンリーワンな価値を創造したい」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら