ファッション

設立25年目を迎えた「シュプリーム」が「スワロフスキー」製ボックスロゴを発表

 「シュプリーム(SUPREME)」は、「スワロフスキー(SWAROVSKI)」とコラボレーションしたボックスロゴのフーディーとTシャツを発表した。4月27日から東京・渋谷をはじめとした「シュプリーム」直営店と公式サイト、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)などで取り扱う。

 ジェームス・ジェビア(James Jebbia)がスケートショップおよびオリジナルブランドとして始めた「シュプリーム」は、1994年の4月から今月で設立25年目を迎えた。今回の「スワロフスキー」とのコラボレートはこの節目を記念したもので、4色のボックスロゴフーディーと3色のボックスロゴTシャツを用意。どちらもボックスロゴ部分が「スワロフスキー」のクリスタルのみで構成されており、一着一着手作業によってあしらわれたクリスタルが、フーディーには1201粒、Tシャツには1161粒使用されている。

 記念すべきコラボのモデルには、映画「KIDS」の監督として知られるラリー・クラーク(Larry Clark)を起用した。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら