ファッション

フォーナインズが独眼鏡「ウルフギャング プロクシュ」の生産・販売を開始

 眼鏡メーカー、フォーナインズは、ドイツの眼鏡ブランド「ウルフギャング プロクシュ(WOLFGANG PROKSCH)」の製造と日本における販売代理店業務を開始する。フォーナインズが販売代理業務を行うのは初めて。

 フォーナインズが手掛ける最初のコレクションは“アイコニック(ICONIC)”“シグニチャー(SIGNATURE)””URBAN(アーバン)“の3シリーズで、デザインはユニセックス。ドイツでデザインされ、フォーナインズが生産して、世界で販売される。2月に、2019-20年秋冬コレクション会期中のミラノの「アルマーニホテル」で開いた展示会で発表され、日本は4月9日から3日間、渋谷ヒカリエで行われる眼鏡の合同展「カム(COME)」で業界関係者向けに披露される。

 5月中旬の発売を予定しており、販売先は眼鏡のセレクトショップなど50店舗ほどを想定しており、「フォーナインズ(999.9)」ショップでは販売しない。価格は6万円台から7万円台。

 飯村祐一フォーナインズ社長は「『フォーナインズ』の新しい挑戦であり、さまざまなビジネスの可能性が広がることを期待している」と話した。

 「ウルフギャング プロクシュ」は1980年代にデビューし、デザイナーのプロクシュは複数のラグジュアリーブランドの眼鏡デザインを手掛けたこともある。日本でのビジネスは以前、金子眼鏡などと提携していたが、最近は途切れていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら