ファッション

ラルフ・ローレン、パリ暴動の影響でレジオン・ドヌール勲章授章式が延期に

 ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)は、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章のオフィシエ(4等)を12月6日に授与される予定だったが、パリを中心にフランス各地で燃料税の増税に反対する暴動が起きていることから、授章式は来年初頭に延期となった。「ラルフ ローレン」は、新たな日時が決定し次第あらためて案内すると招待客に連絡した。なお、ラルフは2010年にレジオン・ドヌール勲章のシュヴァリエ(5等)を受章している。

 ブリュノ・ル・メール(Bruno Le Maire)=フランス経済・財務大臣によれば、3週間におよぶこの暴動で量販店の売り上げがおよそ15~25%下落するなど、ホリデーシーズンの客足を直撃しているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら