ファッション

9人の新進アーティストによるエルメスの「眠らない手」展 銀座で開催

 エルメスジャポンは、エルメス財団による「『眠らない手』エルメスのアーティスト・レジデンシー展」を銀座メゾンエルメス フォーラムで開催している。2010年から主にフランスにあるエルメスのさまざまな工房でアーティストたちが滞在制作を行う「アーティスト・レジデンシー」の一環で、メンターと共に職人たちの技に触れる機会を提供する。

 今回は「眠らない手」と題し、職人やアーティストの“動き”や“しぐさ”に焦点を当て、9人のアーティストによる作品を2期にわたって展示する。11月4日まで開催中の初回は、ブラジル人のクラリッサ・ボウマン(Clarissa Baumann)とベルギー人のルシア・ブル(Lucia Bru)、フランス人のセリア・ゴンドル(Celia Gondol)、アメリカ人のDH・マクナブ(DH McNabb)の4人が参加。内覧会では、エルメス財団のカトリーヌ・ティケニス(Catherine Tsekenis)ディレクターと今回のキュレーター、ガエル・シャルボー(Gael Charbau)とともに、ボウマンとゴンドル、マクナブが来日し、作品について話した。

 ボウマンはカトラリーで有名な仏ピュイフォルカの工房で、職人と2人で約3カ月かけ、1本のスプーンを長いシルバーのワイヤーに引き伸ばした。「職人と2人で時間をかけて行った。この“徐々に”というゆっくりとした過程で、職人の身振りを観察し、自分の体にも記憶させた」と振り返る。

 振付家としても活動し、内覧会では歌のパフォーマンスも行ったゴンドルは、シルクスクリーンの技術を用い、“宇宙の謎”との対比を楽しみながら、長さ40mのテキスタイルを披露した。工房の職人たちの手を借り、宇宙のダイナミックな軌道線をインスピレーション源にあらゆる色や模様で表現。長さのインパクトだけでなく、裏表に映るプリントも楽しめる。

 ガラス作家のマグナブは、初めてクリスタルの制作に取り掛かり、どのように泡や輪、光を閉じ込められるかに挑戦した。フランスの工房で、フランス語が話せないマグナブは職人とジェスチャーで意思疎通しながら、作業に取り組んだという。スクエアのクリスタルの中には、自分の息を閉じ込めることに成功。中央に浮かぶ輪っかが幻想的だ。

 11月15日からは、新たに5人のアーティストによる2回目の開催が始まる。

■眠らない手:エルメスのアーティスト・レジデンシー展
日程:9月13日〜11月4日 / 11月15日〜2019年1月13日
時間:月〜土曜日11:00〜20:00(入場は19:30まで)/ 日曜日11:00〜19:00(入場は18:30まで)
定休日:不定休(年末年始は「エルメス」銀座店の営業時間に準ずる)
場所:銀座メゾンエルメス フォーラム
住所:東京都中央区銀座5-4-1 8階
入場料:無料

[related post="677198" title="「ティファニー」の新作“ペーパーフラワー"は紙細工がアイデア"]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら