ファッション

「ダブレット」の井野将之が2018年「LVMHプライズ」グランプリに

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)が若手を支援するために創設した「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ」の2018年のグランプリに、「ダブレット(DOUBLET)」を手掛ける井野将之デザイナーが選ばれた。井野デザイナーは賞金30万ユーロ(約3840万円)を獲得し、LVMHのエキスパートから1年間の指導を受ける。特別賞には韓国ブランド「ロック(ROKH)」のロック・ファン(Rok Hwang)が選ばれた。

 グランプリのプレゼンターを務めたのは女優のエマ・ストーン(Emma Stone)。井野デザイナーはトロフィーを受け取り、「このような栄誉ある賞を獲得でき、まことに光栄です」と日本語で語った。同氏はファイナリストに選出された時に「私はチャレンジャーです。次の審査で落ちても失うものはありません。精一杯挑戦してきます」と意気込みを語っていた。

 2018年のファイナリストには、「エコーズ ラッタ(ECKHAUS LATTA)」のゾーイ・ラッタ(Zoe Latta)とマイク・エコーズ(Mike Eckhaus)、「ア コールド ウォール(A-COLD-WALL)」のサミュエル・ロス(Samuel Ross)、「チャールズ ジェフリー ラバーボーイ(CHARLES JEFFREY LOVERBOY)」のチャールズ・ジェフリー、「マシュー アダムス ドーラン(MATTHEW ADAMS DOLAN)」のマシュー・アダムス・ドーラン、「カイダン・エディションズ(KWAIDAN EDITIONS)」のハン・ラー(Hung La)とレア・ディックリー(Lea Dickely)、「ボッター(BOTTER)」のルシェミー・ボッター(Rushemy Botter)とリジー・ヘレブラー(Lisi Herrebrugh)、元「バルマン(BALMAIN)」デザイナーで1年前にブランドを立ち上げた「ルドヴィック デ サン サーナン(LUDOVIC DE SAINT SERNIN)」のルドヴィック・デ・サン・サーナンが選ばれていた。同プライズは今年で5回目の開催で、90カ国から1300組の応募があった。

 授賞式は6月6日、LVMHのフォンダシオン ルイ・ヴィトンで行われた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら