ファッション

「アネッサ」が若手美女ゴルファー三浦桃香とスポンサー契約 キュートな美肌を保つ秘訣は?

 資生堂の日焼け止めブランド「アネッサ(ANESSA)」は5月28日、女子プロゴルファーの三浦桃香・選手とスポンサー契約を結び、都内で発表会見を行なった。

 三浦選手は勝みなみら若手の“黄金世代”の一人。今季は4月の「サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント」で7位につけるなどで、“強カワ”美女ゴルファーとして注目を浴びている。

 三浦選手は「アネッサ」のロゴ入りキャップを贈呈されると初々しい笑顔。「私もこれからもっと努力してもっと結果を残していきたい。身が引き締まる」と緊張の面持ち。日差しの強い山上のゴルフ場でプレーをしているにも関わらず美肌を保つが「日頃から『アネッサ』を使っています。汗にも強いので、長時間の試合にもぴったりだと思っています」とその秘訣を明かした。また、トーナメントでの連戦疲れの解消法を「温かいお湯に熱いお湯をどんどん足してお風呂に入る。また、たくさん歩くのでふくらはぎのマッサージや、使用したゴルフボールで体をコロコロするんですが、これはとてもいいです」と力説していた。

 「アネッサ」の朝倉萌ブランドマネージャーは「汗、水に触れると日焼け止め効果が高くなる製品の特性がスポーツにも適している。日焼け止め対策など、日頃から美容にも高い意識がある」と今回の起用を説明。これまでもスキージャンプの高梨沙羅・選手やプロゴルファーの上田桃子・選手、渡邊彩香・選手らと契約してきた。

 「アネッサ」は今年2月、“ビューティーサンケア”をコンセプトにリニューアル。2018年第1四半期(18年1〜3月)は、前年同期比80%増と売り上げを伸ばしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら