ファッション

インテリアとデザインの祭典「ミラノサローネ2018」が開幕

 世界最大級デザインの祭典である「ミラノサローネ国際家具見本市2018(SALONE DEL MOBILE.MILANO 2018以下、ミラノサローネ2018)」が4月17日、ミラノ郊外の見本市会場で開幕した。同展は今年57回目で、出展社数は1841社。今年は隔年で開催されるキッチン関連の見本市の「エウロクチーナ(EURO CUCINA)」や「サローネ国際バスルーム見本市(SALONE INTERNATIONAL BATHROOM EXHIBITION)」なども行われる。会期は22日までで、同時期にミラノ市内でも多くのデザイン関連のイベントやインスタレーションが行われる。

 「ミラノサローネ2018」では新たに“マニフェスト”を掲げ、ミラノ市と連携して市内でも「リビングネイチャー(LIVING NATURE)」というサステイナビリティーをテーマにした展示などを開催する。クラウディオ・ルーティ(Claudio Luti)ミラノサローネ社長は、「『ミラノサローネ』は単なる見本市ではなく、グローバルな体験を世界中から集まる企業やクリエイターらに与える場だ。多くの出合いを通してクリエイティビティーと生産が結び付き、プロジェクトが生まれている」とコメント。

 市内では、「エルメス(HERMES)」や「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」「ヴァレンティノ(VALENTINO)」など、多くのファッション・ブランドが個別にイベントやインスタレーションを開催し、年々盛り上がりを見せている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら