ファッション

ロンハーマンのメンズ新業態「アンダーアール」 スケートやサーフ切り口に若年層開拓

サザビーリーグ傘下のリトルリーグは、ロンハーマンの10〜20代向けメンズ新業態「アンダーアール(UNDER R)」を立ち上げる。ロンハーマン千駄ヶ谷店と同じ通り沿いでリトルリーグが手掛けていた「キッピーズ ココクリーム(KIPPY'S COCO-CREAM)」千駄ヶ谷店の跡地に1号店を8月29日に出店。それに先駆け、7月までは同所をスケートランプを併設するイベントスペースとして活用し、アートやファッションにまつわるカルチャーイベントを順次開催する。

第一弾として、4月27日からの3日間は元プロスケーターの写真家アルト・サーリ(Arto Saart)が14歳のサーフ・スケーター、ライジ・マスダ(Ryji Masda)を被写体に撮影した作品を展示する。入場は無料。

5月にはジュエリーブランドの「ホーセンブース(HOORSENBUHS)」のポップアップストアやフォトグラファー、デイヴィッド・ムシュガン(David Mushegain)の写真展などを予定しており、クリエイターやデザイナーと交流できるイベントを月に2本のペースで企画する。

コンセプトは「今の時代のスポーツ用品店」
「ナイキ」や「ディッキーズ」「カーハート」などをそろえる

「アンダーアール」のターゲットは訪日客含む10〜20代。ロンハーマン本体のメンズチームが運営する。「すべての若きアスリート・スポーツプレーヤーが、今本当に必要なウエア・ギアをラインアップする今の時代の『スポーツ用品店』」をコンセプトに、ユースカルチャーとつながりの深いサーフィンやバスケ、スケートボードなどのスポーツを切り口にスタイル提案する。商品ラインアップは「ナイキ(NIKE)」「アディダス(ADI DAS)」「プーマ(PUMA)」「ディッキーズ(DICKIES)」「カーハート(CARHARTT)」「チャンピオン(CHAMPION)」などのセレクトブランドが中心となる。アパレルのほか、サーフボードなどのギアも一部取り扱う。価格帯はTシャツ5000〜1万円、ボトムス1万〜2万円、ジャケット3万〜5万円とターゲット世代が買いやすい価格に設定する。

ロンハーマンの顧客層は30-40代が中心。福本宏二ロンハーマン事業本部マーケティングPR部マネジャーは「ロンハーマンの感覚をもっと若い世代に楽しんでもらいたいと思った。親子で買い物に来る動機にもなるはず。渋谷や原宿、新宿などロンハーマンが出ていないエリアへの出店を狙って行きたい」と話す。グランドオープン後も定期的にストアイベントを企画し、コミュニティーベースのストアを目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。